8月26日、徳島大学蔵本キャンパスの大塚講堂にて開催された「徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会」、展示部門に参加させていただきました。


医師・歯科医・薬剤師・看護師、介護関係者の他、役所、大学関係者など多岐にわたるメンバーが一同に介し、徳島の地域医療・介護のあり方をそれぞれの立場で、研究発表し、地元には有意義な会のようでした。

 

その中で、認知症に興味のある方が、ブースに立ち寄り、フェルガードに興味を持っていただきました。

 


他の展示は、医療食、スキンケア用品などのサンプルを配るの企業が、地元密着の営業マンが知り合いに案内していることが多いようでした。


空き時間に特別講演なども聴くことができ、徳島の医療の取り組みや連携の課題が発表されていました。


展示業者同士、挨拶などするうちに、フェルガードに興味を持ってくれて、「親に試すために購入する」と言ってくれた人もいました。