7月8日(日)13時より品川駅前のTKPにて「フェルラ酸研究会」が開催され、私どもが日頃お世話になっております先生方にご発表頂きました。

 


約50名の日本の医師の先生と約30名の中国の医師の先生にご参加頂きました。


関西、中国、四国、九州地方の先生方の中には災害で参加できない方もたくさんいらっしゃいました。

秋山脳外科の秋山巌先生には、Mガードの症例をご報告頂きました。


また井本動物病院の大石麻里子先生には、犬にフェルガードMガードをお試し頂いた症例をご報告頂きました。


ストレスケア日比谷クリニックの酒井和夫先生には、発達障碍の方へのフェルラ酸の症例報告をご報告頂きました。


また、摂南大学の荒木良太先生には、フェルラ酸の基礎的研究成果、作用機序をご報告頂きました。


最後に中国の神経内科の先生から、中国における認知症医療の現状についてお話頂きました。

参加された多くの先生方からは大変参考になったとおっしゃって頂きました。


このように基礎研究、臨床研究を継続し、、認知症、発達障碍の医療にいささかでも貢献し続けていくことこそが私どもの使命と考えています。