大分県を再訪しました

テーマ:

今回は大分県を再訪致しました。

 

大分空港から海岸線を南下している際に、大好きなタワーを発見。

東京タワーや通天閣を設計した「塔博士」と呼ばれた内藤多仲氏の作品だそうです。

他に比べるとややずんぐりした印象ですが、幼い頃にみた特撮映画の世界観満載の見た目にときめいてしまいます。

 

さて、今回はフェルガード®を多くの方にご紹介頂いている先生のところに再訪致しました。

 

お一人目は訪問診療をメインにご活躍されている先生です。

オレンジカフェも併設され、認知症に係わりのある皆様と共に地域でご活躍をされていました。

 

診察と訪問の間のお忙しい時間にご対応いただき恐縮でしたが、お話を伺って皆様から信頼されている先生にフェルガード®が信頼されている事を知り、嬉しく思いました。

 

もう1件の再訪先も多くの方にご紹介頂いている先生です。

フェルガード®をお飲み頂いた方々の良さをご自身だけでなく、看護師であるご家族や周囲の方々も体感されており、同じくフェルガード®に信頼を寄せて頂けている事を知り、嬉しく思いました。

 

待合室から診察室に向かう廊下の掲示板に、フェルガード®のポスターも貼って頂いています。

 

どちらの先生も抗認知症薬だけでコントロールできない方への補助的にお使い頂いている具体的なお話が聞けました。

感謝です。

 

帰り道、ダムの建築現場に出くわしました。

水が溜まっているダムは良く見かけますが、建築中は生まれて初めてです。

写真の中央を走る車両は、 テレビで紹介される鉱山などで活躍する超巨大なダンプカーです。

展望台から見ると豆粒ですが、タイヤはこのように大きいです。

 

フェルガード®はサプリメントですが、全国の認知症に寄り添われている医師に認めて頂き、ご使用頂いております。

 

まだまだご存じ無い先生が大半ですので、今回の訪問で得られた「成功事例」を持参して全国にご訪問させて頂き、知って頂くように致します。