【スタッフH】みなさんこんにちは。平成30年から配偶者控除等が見直されます。そのうちで今行われている平成29年度の年末調整にかかわる部分をまとめますと、

 

①平成30年分 給与所得者の扶養控除等申告書でA欄の「控除対象配偶者」が「源泉控除対象配偶者」に代わりました。

 

②従来の「控除対象配偶者」には給与103万(所得なら38万)までの配偶者しか記入できませんでしたが、「源泉控除対象配偶者」には給与150万(同85万)までの配偶者を記入できます。つまりよく言われる「103万円の壁」が、「150万円」に移動したことになります。

 

③ただし、(配偶者ではなく)本人の給与が1,120万(同900万)より多い場合は「源泉控除対象配偶者」に配偶者を記入できません。

 

④そして②の場合は来年1月からの源泉徴収の扶養の人数に+1できますが、③の場合は人数の追加はできません。

 

 このように従来なら扶養に入れなかった方が入れたり、その逆に入れた方が入れなかったりします。ややこしいですが、1月からの給料計算のためにもしっかり確認しておきましょう。

 

天王寺・上本町の税理士|Glova会計 山田税理士事務所
http://glova-yamada.com/