ブラックGウィング製作、ペーパーハニカムインフュージョン | 車の何でも屋さん Gloss Factoryのすべてをさらけ出し!

車の何でも屋さん Gloss Factoryのすべてをさらけ出し!

板金塗装、カスタムペイント、チューニングなど車の何でも屋グロスファクトリーのことを何から何までさらけ出し!!
毎日更新するよー♪


テーマ:
ブラックGのアップデートを牛歩ながら進めております(^◇^;)


{BB348FFB-9CAE-4F5C-A233-78FA1F962E3F}


関西オールスターで壁にぶつけまくってガムテープ補修しまくってるウィング(^◇^;)

翼端板も壁に当たりまくりネジがもうかからなくなりました(^◇^;)


これではグリップの200キロオーバーだとぶっ飛んでいくこと間違いなしですので作り変えです(^◇^;)


作り変えるなら新しいことをしてさらにいいものを作りたいので研究しながら製作していきます😆





今回も当然カーボンはなし!

このご時世ドリフトでもタイムアタックでもドライカーボンが使われまくり当然軽量かつ高剛性なのは間違いないです!

しかし一般のユーザー様から見ると高値の華

ドライカーボン使いまくらないとタイムでないのかーと冷めがちなところもあるとは思います


しかーし!

僕の車はドライカーボンはもちろんウエットカーボンすら使っておりません!


オールガラスマットのみ!


まさにアイデア、技術勝負!

見た目はど迫力かもわかりませんがすべてが当店の自社製の手作りかつFRPでの製作です😁


アイデア、技術、想像力でここまで行けるんだぞってのを見せたいっていうただの自己満足でもありますが(笑)

予算ないけどタイムアップしたいーって方は是非ご来店ください😁

てことでウィング製作かいしぃー!




{290CED66-6504-4325-85B4-55E36DD99F01}


今回はポリエステル樹脂ではなくエポキシ樹脂


強度が全く違います


しかしポリエステル樹脂のように数時間で硬化はせず24時間かかります


まずは表面貼りしてからこのままでは強度がないのでハニカムを挟んで強度をだします


ハニカムとは英語で言うとhoney combでハニカムまさに蜂の巣です😁




{B773D418-D563-445C-8ACA-1A2777D0C35A}



蜂の巣のように6角形で構成されていて軽量かつ高剛性を保てます


また素材はペーパーでびっくりするぐらい軽量です😆




{B4539058-20A4-4381-B7F2-B289BCA414E1}



使ってるものはドライカーボンなどにも入れ込むハニカム


これを


{C48EDABE-42CD-4B19-8909-4DF24FC06E87}


引いて


剛性を出すんですが


当店の製法は真空引きをして樹脂を充填していくインフュージョンという方式



インフュージョンは型にガラスマットを押し付けてかつ的確な樹脂を流すことができます


ドライカーボンとFRPの間のような製法です😁


しかしこのインフュージョンでハニカムを間に入れて樹脂を流すとハニカムの中空の中にも樹脂が入ってしまいこれでは重くなってまったく意味なし…



てことで色々な素材や製法を試しテストピース




{F8514D46-4E3D-4BEA-BCC2-4728D4106D6A}



小さいですがインフュージョンで間にペーパーハニカムをサンドイッチしてつくったもの


カットすると



{ED72782F-744A-42EB-9940-A1D01607F09B}


ちゃんと中空😆


かなり大変でしたがうまくいきました😆


これを




{CF7E572B-5FBB-444A-81FD-3D256DC8518A}



ウィング本体に施工



真空引きして樹脂を入れていきます




{8AF6C1CF-32EB-4B4F-BB9F-0AE8FE3338A3}



このぐらいの大きさになると樹脂の充填に3時間ほどかかります




{20F9BFAC-5120-4EEC-B592-0DB06D43B85A}


全体に行き渡ったところでさらに1時間ほど真空引きして余計な樹脂を吸い取ります


で次の日に




{2EEE8ED1-B1CA-405E-8B0A-F98FC0D04637}


脱型!


まだ片面ですがめちゃめちゃ硬いです😁


これをもう片面してボンドでドッキングしていきますよー😆


Gloss Factory さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス