2011年 キャデラックSRX の 冷えない場合 | カーエアコンコンプレッサー 販売No.1☆『愛車で涼しくドライブ』をサポート!自分の車輌に合った記事が見れる。

カーエアコンコンプレッサー 販売No.1☆『愛車で涼しくドライブ』をサポート!自分の車輌に合った記事が見れる。

カーエアコンコンプレッサーの故障・修理・異音・洗浄・交換・コピー品等でお悩みの方必見です!

ご自分の車に合った記事を右側のテーマから選んでご覧下さい。

6万台以上のカーエアコンコンプレッサーの販売実績だから書ける記事満載。

毎度ですっ!^^
カーエアコンコンプレッサー専業のジー・ローバルです。

大阪府自動車電装品整備商工組合加盟店です。

 

エアコンシーズンインでバタバタしてました。

久々のブログアップ致します。

 

それでは早速今日のお題です。

 

北米からの報告です。

 

2011年キャデラックSRX 

 

日本での型式 ABA-T166C 左ハンドルにて国内販売されていますから、

北米と同じ状況が発生することも考えられます。

 

運転席側 :吹き出し温度 20度

助手席側: 吹き出し温度 10度

 

高圧ゲージ:通常より幾分低い程度

 

冷媒ガスが減っている?

エバポレーター表面汚れ?

どこか漏れている?

エアコン内部フラップが故障?

 

上記が理由ではなく、色々と調べた結果、湿気でした。

レシーバーが水分を含んでキャパオーバーになっていとのことです。

 

幸いにも、この車両はコンデンサーとレシーバーが別々になっているので、

レシーバー交換で済みましたが、

最近販売されている車両ではコンデンサーと一体になっている場合もありますので、

その場合はコストが上昇します。

 

レシーバー品番:20968486

 

似たような症状があればご参考にしてください。

 

それでは、次回エアコンネタまたアップ致します。