潜水ヨ級 改ニ

テーマ:

こんにちは、オオノジョウです。


「艦隊これくしょん-艦これ-」の敵役……深海棲艦の自作フィギュアが完成しました❗❗






フルスクラッチビルドで作った深海棲艦「潜水ヨ級」です。






資料は例によって公式のイラスト1枚。
見えない部分は想像力で補って……。で、自分なりのこだわりとしてビーダマは発射できるようにしたい❗と。(ビーダマン普及委員会なので)






ビーダマ発射の為には娘ボディの足の間をビーダマが通るようにしなければならず、結果、前回の「輸送ワ級 改二」を上回る大胆なデザイン変更でビーダマ発射を可能にしました。


名付けて……






潜水艦 潜水ヨ級 改ニ❗❗


ビーダマン普及委員会的には、ビー娘(びーむす)の敵役ってことで……





ビーダ魔女 クラーケン❗❗


上アゴの後方突起を下アゴと同じ軸受けまで延長したことによって全体が安定しました。






ビーダマ発射機構はバトルビーダマンゼロ素体を流用。






エポキシパテと石粉粘土を部分によって使い分け、盛って削って……、ビーダマンは全く見えなくなりました。


髪は様々な素材を検討の結果、樹脂粘土で作りました。乾燥すると折れずに「しなる」、良い資材です。おかげでイメージに近い仕上がりとなりました。






プロペラガード(?)内にビーダマ発射の為のトリガーがあります。






艤装の上アゴを外した状態。パーツ接続にはプチブロックを用いています。


当初、ボディ部分に何を着せるか迷っていたのですが、結局、一糸まとわぬ姿となりました。

下手に小さな布切れを身に着けるぐらいなら、何も着ていない方がかえっていやらしい感じがしなくていいと思ったのです。


このことは個人的に「松本零士効果」と呼んでいます。






輸送ワ級改ニと並べて。
おー、初めて見るこのツーショット。しかし、妙にしっくり来る。





世間一般でいうビーダマン改造とはパワー、連射、コントロールの強化を指すことが多く、この作品を改造ビーダマンと呼ぶことに違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。






しかし、フィギュアかと思ったらビーダマが飛び出してくるなんて、我ながらなかなかエモーショナルな造形物が出来たんじゃないかと思います。


いや~、この3ヶ月間楽しかった❗
私オオノジョウ、第3弾が作りたくって、もうムズムズしているのです❗



こんにちは、オオノジョウです。


ビーダマン改造という、今となっては恐ろしくマイナーな分野において「深海棲艦(潜水艦)の自作」に取り組んでいます。


大谷翔平スゴイなあとか、ブラックペアン第1話面白かったなあとか、吉崎綾に古賀哉子辞めていったいどうなるLaLuce(ラルーチェ・元ラストアイドル)とか、お話ししたいことは色々ありますが、それはさておき、相変わらずじわじわと作っています。


まずは上アゴ、ボディ、下アゴを組み合わせた状態をご覧ください。





{BA13E5F6-45DE-4876-8AEA-C600AD95C0F8}

{CF871627-4FF9-4944-AF7D-5C423DCAE4B4}

プチブロックを積み上げた土台にエポキシパテを盛り、触手(?)を取り付けられるよう筒状の構造物を建造しました。





{66C6AA08-F75C-4656-BC02-0028162F57B8}

頭の中のイメージに近づいてはいるのですが、改めて思ったことは、何と情報量の多い形状かということ。この後、さらにトリガー周りにブースター状の構造物(プロペラガード?)を取り付けます。





{4EBC8134-24BF-416E-80F1-81E3CAFCB2ED}

上アゴ左右の突起物は大きく角ばった形状に変更。





{689D9D77-BE78-4753-B356-37B7C5E8FBF8}

上アゴとボディの接続にはプチブロックを利用。これだけでは不安なので、腕との接続で強度を担保することを考えないといけません。





{DB4E13EA-F7D1-4D37-83CD-5EB15D121BCF}

下アゴは再び大規模改修…

歯を大きくして、両サイドも太く、屈曲部を前方に移動と、舌以外は全とっかえ状態です。きちんと設計図引かないで作ると時間と労力のロスが大きいですね(;ω;)



今日はここまで。又ご報告します‼️
こんにちは、オオノジョウです。


「深海棲艦の自作」をテーマに改造ビーダマンに取り組んでいます。


例年、この時期は忙しいのですが、結局のところ自分で時間をコントロールすればなんとかなるものです。


相変わらずじわじわ作っています。


以下、各パーツの進捗です。





{539EB1A3-73E8-4810-86DE-EF7B901EE6E3}

{AB963B1D-73A1-4A38-8B19-FC17BCA43224}

今回、最大のポイントは下アゴです。形を大幅修正したからです。


公式イラストをよく見ると「あれ、全然違う」となりまして(^^;





{0EFE4873-6F6C-490A-98A9-BFD8FB4A93B0}

間違っていた部分をカット

→芯となるプラバンを取り付け

→エポキシパテ盛りつけ

→デザインナイフ&紙やすりで整形


バトルビーダマンを取り付ける為に、プチブロックで足の置き場所を作りました。





{3C12257B-B158-4A2A-B8D2-234E4C90B33B}

{84EA24EA-34B3-4785-9DF3-A21B25D44112}

ボディのビーダマン部分に下アゴを取り付けられるようプチブロックを積み上げ&接着していきます。さらにグルーガンで補強。どちらも使い勝手いい〜(^^)





{47209738-316D-41B9-BB44-E8912B8B67D3}

上アゴは前歯にマスキングテープを貼ってから、とりあえず塗装(1回目)


今日はここまで。又ご報告します❗️❗️





{FC31F9C1-CC30-4CC1-BDB2-05F2B8C4AABD}






人気ブログランキングへ