掃除の心得3・面倒な掃除は、分割して行う・洗面台編。 | ママも赤ちゃんの気持ちがわかる!ベビーサイン教室・東京都稲城市 

ママも赤ちゃんの気持ちがわかる!ベビーサイン教室・東京都稲城市 

ママが、笑って子育てできる、楽しい赤ちゃんの教室・おひるねアート&ベビーサイン教室です。赤ちゃん教室の他に、ママが楽しめるデコ巻き寿司、リボン教室、アルバムカフェも開催しています。
東京都稲城市・多摩・府中・調布・八王子・狛江からお越し下さっています。

こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

今日は洗面台編でーす。

今日はフラミンゴならぬ、何者かわからないものがお伝えしまーす。

(なんでしたっけ?だれでしたっけ?エミュー?)

①洗面台は、水が流れて行くところのゴミを、手を洗う前などに、古布でサッと取り除きます。

(手では触りたくないので。笑)

②それとは別に、スポンジで洗面台を洗剤をつけて磨きます。

これは連動してやりません。

いえ、やってもいいのですが、ちょっとづつ負担にならないようにしたいので、できる時にどちらかをやるというふうにしています。

でも②をやるときに、ゴミが溜まっていたら、①と②両方をやることもありますが、

『絶対にやらなくちゃ』とは思っていません。

なぜならそうなると、にわかに面倒くさくなってきて、①も②もどちらもやらない→汚れるのパターンにはまるからです。

 

むしろ、気をつけているのは、洗面台を磨いた後、雑巾で、洗面台の水分を拭き取って、

その後、多少の水分が残っている、雑巾で、蛇口や、鏡を拭くということ。

この鏡もミソで、汚れが激しくなってからやると、本当に時間もかかり、やる気も起きませんが、

毎日やっていると、目立った汚れはありません。

ですから、本当に撫で上げるだけで、綺麗を持続できるのです。

ちなみに、雑巾はマイクロファイバーをしようしていますので、洗剤なしでも多少の汚れは落ちます。

シンク編でも、トイレ編でもお伝えしましたが、掃除の極意は

汚れたところを掃除するではなく、

『きれいなところを掃除する』ということ。

きれいなところなら、触りたくないとか、気持ち悪いとか、面倒だとかいう気持ちは芽生えません。

今日も明日のために綺麗は状態をキープしよう!

 

と思えるのです。

 

ちなみに、洗面台の両脇のものを置いたりする部分は、

汚れがつかないようあらかじめ、タオルなどを敷いています。

すると不意の来客の際にも、そのタオルをどかしさえすれば、綺麗な面がでてくるという仕組み。

 

毎日毎日掃除、片付けをするのも主婦の仕事ですが、効率よくやって、自分の時間も確保できるといいですね。

そういう時間を使って、人生を楽しんでいけたら、未来も変わってくるかと思います。

次はお風呂の排水溝編をお送りしまーす。

なんのブログやら、、、汗

 

◆ベビーサイン教室・おひるねアート教室の開催日程はこちら

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします



ベビーサイン教室Baby TreeのHP掃除の心得3・面倒な掃除は、分割して行う・洗面台編。