我が家の宿題の取り組み方について。小3・日記・漢字例文・算数ドリル | 多摩・楽しく子育て、悩み解決・赤ちゃんの教室・おひるねアート&ベビーサイン教室:ベビーツリー

多摩・楽しく子育て、悩み解決・赤ちゃんの教室・おひるねアート&ベビーサイン教室:ベビーツリー

ママが、楽しく子育てできる、行くだけで悩みが解決する赤ちゃんの教室・おひるねアート&ベビーサイン教室
東京 稲城市・多摩・府中・調布・八王子・狛江からお越し下さっています。


テーマ:
こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

娘も小学3年にもなると、国語、算数の宿題に加え、毎日日記というのがあります。

そんな大層なものではなく、3、4行程度のものですが、本人たちにしたら大変な模様。

我が家の娘も、日記を書くこと自体より、何を書いたらいいのかというところに悩んでしまうようです。

どこかに出かけたこと、遊びに行ったこと、何かを買ってもらったこと、などなど目玉がないと

書けないで悩んでいるのです。

題材が決まりさえすれば、すぐにかけるのですから、暇な時に2人で題材をあらかじめ書き出しておく手法にでました。

1、将来の夢

2、お休みの日にやりたい遊びについて。

3、大好きな食べ物ベスト3

など10個ぐらい書き出しました。

すると日記の時に、そのノートを取り出してその中の一つを書くという風に、スムーズに行くようになりました。

 

小学3年になってから、宿題を取り組む時間が、遅くなってきました。

最初は知らずに怒ってみたりもしましたが、本当はやりたくなからではありませんでした。

国語の漢字の例文が思いつかないだったり、日記の題材がないだったり、というところで躓いていたのです。

 

日記に関しては、題材をたくさん考えておくということでクリアしましたし、

国語の例文については、使う漢字をあらかじめ聞いて、

私の方で、手持ちのドリルと辞書を開いて置いてあげています。

すると数種類の例文が載っているので、それを参考に書き写すという流れにしました。

 

算数も、問題がたくさんあるときは20問などあるので、問題を写すだけでも大変です。

そんな時は、私が横で問題を読み上げて、娘がひたすら書くということで、時間を省略しています。

 

ちなみに上記に挙げた宿題の手伝いは、私は自分から率先しては行いません。

娘に「ママ、一緒にやろう」と言われたり、『手伝って』と言われたりヘルプサインが出ている時だけです。

 

後は、最近娘は宿題を朝やることが多いので、学校に行く時間が迫っている時です。

そんな時に『早くしなさい』や『だから昨日のうちにやっておいたらいいのに』などは、嫌な気分にはさせても

前向きな気持ちにはならないと思うから言いません。

その代わりに、側でドリルに付箋をつけたり、辞書をさりげなく開いたりします。

 

そして、娘は大急ぎの時は算数ドリルの問題の書き方が変わります。

今は割り算ですが、掛け算でも割り算でも真ん中の『×』や『÷』だけ先に20個書き出します。

 

その『×』や『÷』だけ書き出すのは、本人も急いでいる証拠なので、

側で『かけられる側の数字』と『かける側の数字』を上から読み上げます。

問題を一問づつ横にでは無く、縦に書いた後に、答えを書くという縦書き方式になります。

ここで万が一にも問題が間違えていたらアウトなので、こっそり間違えてないかチェックしたりもします。笑

でもあくまでこっそりがミソで、あまり介入していないフリをすることも大事だと思っています。

ですから、私は夜宿題が終わっていないことを知っていても、朝宿題できてなくても、宿題には一言も言いません。

知らん顔するってことも大事だと思います。(あっ内心ヒヤヒヤですけど。笑)

 

◆ベビーサイン教室・おひるねアート教室の開催日程はこちら

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします



ベビーサイン教室Baby TreeのHP我が家の宿題の取り組み方について。小3・日記・漢字例文・算数・・・

多摩・楽しく子育て・悩み解決:赤ちゃんの教室:川口くにこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント