ガラス工房るんブログ

ガラス工房るんブログ

問い合わせ
兵庫県丹波篠山市西谷1-5
℡ 079-506-1380
Mail glassrung@gmail.com
ホームページ
   http://glass-rung.com/index.html

黒豆硝子の軌跡つづき

 

去年は(琥珀)(黄金)が安定してでていたので、

去年半年かけて色々な実験をして、ガラス原料と黒豆の灰の分量、

ガラスを溶解する温度など大体の資料ができ上がってきたので、

今年のポット交換後は

この資料をもとにやっていけばいいのだと思っていましたが、

自然物は計算だけでは測れない難しさをしる今年になりました。

 

しかしその難しさが私達が思ってもいなかった奇跡となります。

 

黒豆硝子(翡翠)

 

去年も色々な灰の分量で実験していた時は、

一度もでなかった(翡翠)が復活ビックリマークビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 

この時にもう一色できた

黒豆硝子(浅葱)と新しく2色が仲間入り音譜音譜音譜

 

嬉しい誤算でしたが今度は琥珀などの色はどーするはてなマークでるのかはてなマーク

と去年のデータが使えないはてなマークと悩む。

 

秋の展示会は是非琥珀・黄金の作品を出してくださいと

言われていたので、2色をある程度制作したら実験再開、

数回の実験を繰り返すも、

黄色は出始めたが薄すぎて色がわかりずらいガーン

 

去年と今年の黒豆の灰の違いを再度よく考える、

そうすると色々な事にきずかされました。

その改良点を考えながら数回実験を繰り返すとやっと成功爆  笑

 

琥珀 100mmグラス

 

今年の実験はもう一段黒豆硝子の溶かし方・

配合による4色の色の出し方の違いと、

たくさんのデータが取れました。

 

自然物をあつかう難しさやたくさんの可能性が見えた実験だと思います。