早坂つむぎについて

テーマ:

彼女を初めて知ったのはAKBINGOでした。

まだ、MCがバットボーイズだったころ。

先輩メンバーと物ボケの対決をした時です。

先輩たちが面白いボケを繰り出し、他のチーム8メンバーが何度も牛乳を吹き出している中、ただ一人、ただの一度も吹き出すことなく、終えたのが、彼女・早坂つむぎでした。

そこから「笑わないメンバー」という印象がついてしまい、MCがウーマンラッシュアワーに変わっても、やはりそれをネタにいじられていました。

 

ウーマン・村本とのロケ企画は面白かったなと思います。

結構お互い本音を言い合えて観ている側としても好印象でした。

 

本人が「自分はアイドルに不向き」と言いました。

でも申し訳ありませんが、それだけは否定させてほしい。

AKB48です。

何でもありのAKB48です。

塩対応だろうが、氷対応だろうが、それでもそんなメンバーを好んで握手会に通うファンがいたはずです。

 

もちろん、本人は他のメンバーみたいに笑ったり、話をしたりすることができないという意識があったのでしょう。

だからこその「不向き」という答え。

随分悩んだと思います。

 

でもAKB48はそれでもいいんだよ、と言ってあげたい。

それでもファンはそんなあなたを笑わせたいと頑張るし、それでも好きだよ、って言ってくれるファンがいたはずです。

 

だから、残念です。

 

辞めようと思う理由が残念です。

 

4月29日のガイシホールが活動の最後とのこと。

素敵な笑顔で最後を迎えてほしいなと思います。