the Doomsday

テーマ:
何を言おうかなって、ずっと考えてる。
これで面接じゃなかったら笑える。

明日、とっても会いたかった人たちに、会えます。

何を言おう。
言いたいことはたくさんある。
どれを言おう。
どうやって伝えれば、分かってもらえるだろうか。

限られた時間で。

昨日買ったばかりの真新しい雑誌をめくりながら
どうして私はこれを作りたいんだろうって
改めて問いかける。


私は、音楽を通じて人間を知りました。

人間がきらいで
自分なんかもっときらいで
いろんなものから逃げていた私は
音楽の中で、たくさんの人に出会いました。

今でこそ、電子音の音楽だって聞くけど
それはそれで面白いし、楽しいけれど

あの頃私は、バンドしか音楽じゃないと思ってた。

その理由は、
たぶん
バンドの方が、ひとの感情の揺れがリアルだから。

声とか、楽器とか
全部感情を反映する。
電子音でフォローされたら分からない、あの空気。
ナマモノ。

そのなかにわたしは、人間を見た。


今日、ある選考に赴いたら
高校時代の同級生に遭遇しました。

あのころはきらいだったコミュニケーション
会話するってこと
が、とても自然に出来た。

わたし、変わったんだなーと
変なところで実感しました。

もう、人間、そんなにきらいじゃないよ。


ああ、もう
言いたいことが多すぎて、パンクしそう。


6年分の想いです。
受け取ってください。


あした、わたしの世界は、かわる。
AD

hello, new world

テーマ:
4年生になります。
長い長いと思っていた学生生活も、あと1年しかないよ。

なにを学んで、なにを得て
わたしはどんなふうに変わったんだろう。

あいかわらず、音楽が好きです。
本も、野球も、好きです。
自分がきらいです。

ピーマン、すこし食べられるようになりました。
お酒が飲めるようになりました。
たいせつなひとがたくさん増えました。


就職活動にあたって、
サークルの友人たちと、お互いの印象を正直にぶつけ合ったんです。
長所とか、短所とか。
いわゆる自己分析の一環として。

わたし、何考えてるか分からない、って言われました。
あきらめてるよね、とも言われました。

だから、私が就職活動、たったひとつだけ心がけているのは
あきらめないことです。
自分の気持ちを伝えることについて、ね。

言えばいいのに、って、言われました。
思ってること、考えてること。
なんで言わずにあきらめるのって。

あのね、基本的に、言いたいことは言うんです。
率直に。
でも、言ってもどうしようもないな、ということは言いません。

いちばんの本音も、言いません。

伝わらないかもしれない、って思うと、怖い。

だけど、克服しようと決めました。

シュウカツ、とても理不尽です。
レールに乗っかって流される感覚が不愉快です。
だからこそ、なにかいっこでも、得るものが欲しくて。

内定だけじゃなくて、もっと大切な何か。

さいわい、面接官は他人です。
何十人と、お会いします。

そのなかで、今後お付き合いする可能性のある方は
ほんの一握り、たった一社の方々だけです。

だから、こわくないの。
どう思われたって、今後の人生に直接の影響を及ぼすことは
たぶん、ない。

だから、面接、いろんなことを正直にお話しています。
素直です。あほみたいに。
いちばんの本音だって、なんだって、言います。

伝わらない恐怖を、諦める気持ちを、乗り越えるつよさ
を、身につけたくて、そうしています。


いちばんやりたいことがあります。
それはわたしの夢です。
人生をなげうつ覚悟の、壮大なロマンです。

一方で、平凡でしあわせな人生を歩みたいと
思わないわけでもないんです。
普通に就職して、結婚して。
のぞまないわけじゃないんです。

そういう意味で、わたしの
いちばん
ふたつ、あります。

夢と、現実。
ふたつ。

現実、のほうの、いちばんのところ。
やっぱり怖かった。
伝わってるかなって、そればっかりこわかった。

面接で、最後に
「なにかありますか」
と聞かれて

「つたわってますか」

なんて愚かな質問をしてしまうくらい、怖かった。

たいせつなものほど怖い。

ずっと連絡がこなくて、もうだめかな、と思ってた。
何も手がつかなかった。苦笑。
これはわたしの悪いところです。なおしたい。

でも、ようやくお返事をいただけました。
なんとか、伝わっていたみたい。

伝えるの、怖いです。
伝わらなかったら、っておもうと怖いです。

でも、伝わるのね。
ちょっとだけ勇気をもらった気分です。

こちらの方は、もういちど会って、お話をして
合格すれば、99%内々定だそうです。

もういちど、あの恐怖と戦って
勝たなきゃ。


終わる兆しが見えなかった就職活動。

現実的な生き方をするプランのほうは、なんとなくめどが立ってきました。
来週、最終面接がふたつ。
どちらも落ちたらシャレにならないけれど。

あとは、夢を全力で追うだけ。


4年生になっちゃうのよ。
ゆるされたモラトリアム、あとわずか。

わたし、あとどれだけ変われるかな。
AD

みえないとびら

テーマ:
首を長くして待っていたお手紙が届きました。
会って話をして下さるようです。
選考の内容書いてなかったけど、たぶん面接。たぶん。

期待してしまうね。
夢の駒をひとつずつ前に進めるたびに。
音楽で生きてもいいって、ゆるされているように錯覚してしまうね。

まだ3つも、関門がある。
乗り越えなきゃ。

私の中のビジョンと危機感を明確にして
上手く伝えられるか分からないけれど
必要ならば批判だって辞さない。

私について知りたいと思って、選考に呼んで下さるのでしょうが
私だって知りたいのです。
たくさんのこと。
音楽の在り方。雑誌の在り方。
何を考えていますか?

わたし、このブログのアドレスと
ツイッターのアカウント、
応募書類に記載したんです。

見てくださっていたら面白いな。

定休も、定時上がりも、残業代も、年末年始も夏休みもいらない。
音楽と生きていけるならそれでいい。
そんな人間です。
音楽と、住む家を借りてご飯を食べるお金があればいいです。
日本の音楽シーンに危機感を持っています。
メディアの在り方に疑問を抱いています。

はやく、あいたい。


一方で、堅実な人生を歩む道が前途多難です。苦笑。

今日、いちばん行きたいと思っていたところの面接を受けてきました。
合格の場合は例年その日のうちに電話連絡が来るらしいのですが
現時点でうんともすんとも言いません。ポンコツケータイめ。
残念です。あそこでなら普通に働いていけると思ったんだけどな。

音楽しかないのかな、やっぱり。

なにがなんでも、バイトでもなんでも、音楽と心中する生き方しか
できないのかな。


うーん、不安定。


たくさんものがてのひらをすり抜けていく感覚。
こわい。
なにかひとつでも、残るものはあるんだろうか。


価値なんていらないと思っているけれど
こんなときに弱くなる私は、中途半端。
AD