TAYLOR WITH RESPECT : 今週トランクショー! | Glass Arcus(グラスアーカス)

Glass Arcus(グラスアーカス)

埼玉県熊谷市のメガネショップ『Glass Arcus(グラスアーカス)』のオフィシャルブログです。
合い言葉は『Happy & Smile』皆様とハッピーを共有し、笑顔があふれるお店を目指しています。よろしくお願いいたします!!

こんにちはニコニコ
まだ気温は高めですが、風が秋らしくなってきましたもみじ
こうばしい匂いというかなんというか・・・得意げ

さて、本日のブログは9/17(金)よりトランクショーがスタートしますTAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)のトランクショーアイテムから一足先に紹介しますウインク


普段店頭在庫として並んでいないモデルを中心に集めてみましたメガネ
今回はブランドページに掲載されているフレーム説明をそのまま書いておりますパー
テイラーの特徴や丁寧な作り込みが伝わるかと・・・メラメラ


(TAYLOR WITH RESPECT fuse col.04)

業界でも数少ないセルロイドとチタンのコンビネーションフレーム。天然の合成樹脂素材として歴史上もっとも古いセルロイドに、80年代からメガネの素材として使われるようになった金属チタンを組み合わせています。二つの素材は共に強度が高く、セルロイドはアセテートよりも型崩れせず、ブリッジとヨロイに使用するオリジナルのチタン製パーツは、ネジ留部のパイプと一体で作られているため耐久性に優れています。メタルフレームよりも柔らかな印象を与えるボストンシェイプのフレームです。



(TAYLOR WITH RESPECT union col.05)

アセテートリムをオリジナルチタンブリッジで連結したコンビネーション枠。細身のβチタン製S字ラインテンプルと、強度を保てる厚みにまで薄く仕上げたフロントは、驚異の軽さを実現しています。絶妙なバランスと形状のウェリントンはどの様なシチュエーションにも自然に溶け込むデザインとなっています。



(TAYLOR WITH RESPECT auth col.05)

本物の、確実、などという意味を持つauthentic(オーセンティック)から付けられたモデル名オース。チタン一枚板に何工程も手を加えプレスをしています。金属疲労の多いフロントとテンプルの接続部分をあえてネジ止めすることで、破損時の交換対応が可能。天地を広く取り、soleに比べるとワンサイズ大きい仕上がりとなっています。レンズ周りのリム線の強度を保ちながらもさらに細く繊細に仕立てあげました。テンプルは掛け心地を考慮した弾力性に富むオールβチタン製です。



(TAYLOR WITH RESPECT jux col.04)

フロントの外形はウェリントン、内側をボストンシェイプにしたコンセプチュアルなモデル。異なる要素を配置する前衛アートの技法から命名しています。相反する要素を一つのデザインの中に同居させるため、全体的なバランスにとくに注意をしました。特徴的なデザインをより活かすカラーリングは、職人の手によってひとつひとつを手作業にて行うもの。手間のかかる作業をもあえて導入し、フレームの良さを引き出しています。今までにありそうでなかった個性的なフレームを仕立てることができました。



(TAYLOR WITH RESPECT walpole col.01)

スクエア感を少し強めたウェリントンのモデル。パーツ改良の中ひらめいたアイディアをベースとして、新たなフレームのデザインとしました。レンズを囲むリムに面取り加工を施し、日常でも掛けやすい柔らかみを持つデザインに仕上がっています。セレンディピティという、偶然から幸運を掴みだすというワードを生み出した、18世紀のイギリス作家ホレス・ウォルポールの名からフレーム名をとりました。


トランクショーでは約100本フレームが並ぶ予定です虹
ぜひお楽しみにドキドキ
では本日もよろしくお願いいたしますデレデレ




Glass Arcus( グラスアーカス )
切手 360-0041 埼玉県熊谷市宮町2丁目143
腕時計 10:00~19:00( 火曜・水曜定休 )
電話 048-520-3350
プリンタ 048-520-3351
ホーム http://www.glass-arcus.com/
マップピン Google Map
Glass Arcus(グラスアーカス)-map