おととひの世界

リンクも始めましたよ

勉強しない奴が上にい…午前9時半過ぎだ

 

くらしデータ.com

 

【津波の怖さ】高さと死亡率の関係 津波の速度 対策

  

津波(つなみ)は、主に地震や火山活動に起因する海底地形の急変により、海洋に生じる大規模な波の伝播現象である。強風により発生する高波、気圧の低下などで起こされる高潮などとは異なる。

1波1波の間隔である波長が非常に長く、波高が巨大になりやすいことが特徴である。地震による津波では波長600km、波高5m超のものが生じた事がある。津波という現象は、例えるならば大量の海水の塊の運動であり、大きな津波は陸地に浸入し、種々の災害を発生させる。

目次

津波の高さと死亡率の関係

津波 浸水と死亡率
www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/trough/list/120830-6.html

浸水(高さ) 計算上の死亡率  
100cm 100% 到底立てない死亡する確率が高い車が流される。漂流物にぶつかる。
70cm 71.1% ひざを越え水の力が強くなる。健康な成人も流される
50cm 4.8% 車やコンテナが浮き出す。何かにしがみついていれば立てる。50cm(ひざくらい)を超えてくると成人でも流されてしまう。
30cm 0.01% 健康な成人なら何とか立てる。歩行は難しい。高齢者やけが人は流される可能性がある

津波1メートルでもほぼ死亡 – 内閣府分析

津波高が10メートル、20メートルという数字が並ぶと、数メートル程度は「大したことない」ように感じてくるが、実際は1メートルの津波に巻き込まれれば、ほぼ死亡する。

内閣府は東日本大震災の被害実態などから、陸地に浸水した津波の高さに応じた死亡率を分析。浸水70センチで71.1%、1メートルで100%に達した。台風や大雨の浸水と違い、津波は横から押し寄せるエネルギーが強いため、身動きが取れなくなるためだ。

津波に詳しい名古屋大大学院工学研究科の川崎浩司准教授は「浸水が膝を超えるあたりで死亡の危険性は大きく高まる」と説明。1メートル以上では、健康な成人が物につかまっても流されてしまう。漂流物にぶつかり死亡する恐れも大きい。膝より低い30センチでも、高齢者やけが人は流される可能性がある。

川崎准教授は「子どもは体が小さい分だけ、もっとも低い浸水でも危険。内閣府の推計は妥当な線と思う」と話している。

出典 東京新聞 2012年08月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/trough/list/120830-6.html