アドセンスを本格的に活用すれば、一日1回程度はAdSenseのページを確認する計画を立てることが良いが、「ページレベルの是正措置」などの重要な発行者ポリシー違反の問題のようなものメールでも通知が飛んできます。

メールの中に青字でハイパーリンクがかかっている」AdSenseのポリシーセンター」に移動するか、直接「アドセンスホーム→アカウント→政策センター」に移動して解決することができ、本物のポリシーに違反した場合もあるが、ほとんどの場合、アドセンスアルゴリズムが正しく把握した場合はとても多いので、すごくつつく必要はありません。

 

https://gkkmon.com/ja/resolve-adsense-page-level-corrective-action-publisher-policy-violation-3/

「ZUM」はネイトコゴ、ネイトは、検索エンジンを共有して書くから、後にのみ検索登録がされている場合はZUMに自動的に露出されると見ることができる(エラーもかなりあるようだが、とにかく定義はそう)。

それでもなぜ「ZUM」に別にサイト登録をしなければならかという、下の画像で見ることができるように「ZUM」に検索してすぐにオフィシャルで一番上に「サイト」リストにさらされるからである。

 

https://gkkmon.com/ja/how-to-register-a-zum-site-and-why-3/

ワードプレスの「SSL」を適用して「https」のサイトに完全に改装したにもかかわらず、「メディア→ライブラリ→リンクをコピーする」とか、ポスティングで記事に画像を挿入したりするときは、まだイメージアドレス(URL、パーマリンク)が「http」にセットされている場合があります。

このような場合、もし忘れて「http」で挿入すると、最高の状態で「SSL」セキュリティセッティングをすべてしておいても、ブラウザで「完璧ではない安全な接続ページ」として認識される。ので、必ず「https」で前をバクォジュォヤが、これ毎回するなかなか面倒なものではない。

ところが、ワードプレス」wp-config.php」ファイルを修正することにより、非常に簡単に、自動的に、常に「https」と認識され、入力に変えることができる。すぐに変えるようにしましょう。

 

https://gkkmon.com/ja/change-wordpress-media-and-default-url-from-http-to-https-3/