まじめの一歩

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ヤクザの凌ぎのほとんどが

覚せい剤 朝鮮は覚せい剤で日本をダメにしてしまう計画してるかもです


指定暴力団(22団体)のうち、7団体のトップが明らかに在日韓国・朝鮮人

神戸山口組宅見組組長 入江禎

六代目山口組最高顧問・石田 章六(本名・パク・テチュン)

六代目山口組若頭補佐・橋本 弘文(本名・カン・ホンムン)

六代目山口組若頭補佐・正木年男(本名・パク・ニョンナム)

稲川会・五代目組長 - 辛炳圭(通名:清田次郎)


七代目合田一家総長 通名:末広誠、本名:金教換

五代目双愛会会長 通名:高村明、本名:申明雨


六代目松葉会会長 通名:牧野国泰、本名:李春星


初代九州誠道会会長 通名:村神長二郎、本名:朴植晩

三代目福博会会長 通名:長岡寅夫、本名:金寅純

ーーーーーーーーー

在日ヤクザを殲滅させたい後藤元組長の話

“このままでいくと、ヤクザは韓国マフィアに乗っ取られる”

その要は ①在日系ヤクザが山口組及びヤクザ全体を乗っ取っており、日本の安全と未来を脅かしています。 ②自分は純粋な日本であるからこそ、山口組上層部の在日系幹部らに追い出されました ③彼の処分とは、在日系ヤクザが、日本人ヤクザを抑圧している証拠である。 ④後藤元組長が殺されたら、日本人ヤクザは全員が追われる身となる日が到来します。
⑤社会貢献・起業したい若き日本人に資金提供するなどして応援する「後藤基金」を作りたいこと。それによって日本国家を再び繁盛させたいです。

ーーーーーーーー

後藤忠政さんは

「池田や学会、公明党がガタガタ言ってくるんなら、いつでも相手になってやるよ。なんなら民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ。」

池田大作(名誉会長)は大田区大森北2丁目13番地で生まれた

此の場所は韓国人部落

父は全羅南道出身の在日韓国人、海苔漁師の成田作

唯、親の代に帰化

しかし幼少の頃から韓国部落で育った彼の精神は韓国人

池田大作の韓国名は成太作(ソン・テジャク)

日本名の池田大作は韓国名より取ってる

父の名・田と母の姓・池を繋げると池田になる

朝鮮人が本当の池田家を関東大震災のどさくさ紛れで抹殺して

池田家を乗っ取りなりすましたんです

池田犬作は その朝鮮人の子孫です


薬物は、暴力団組織の資金源である。暴力団は摘発を逃れるため奥の手を使うつまり警察・司法に対する影響力を持つ組織に擦り寄る。創価学会である
やくざ界の大物が軒並み創価学会に入信・関与しているのは、ひとつには薬物事業を創価に守ってもらい
かつ、創価の組織を使って薬物を流通させるためであろう。創価の巨大なネットワークは薬物を広く行渡らせるには恰好の媒体である。しかも、創価は警察をコントロールすることができる
さらには、麻薬で得られた資金のマネーロンダリング機能まで持っている。こんな理想的な麻薬流通システムをやくざが使わないわけがない。薬物事件があるたびに「背後関係の解明が待たれる」と報道されるが一度も解明されたためしなどない
解明されない社会構造が出来上がっているのである
創価学会は、警察内部に組織内組織を持っているおそらく薬物事犯の摘発部署に集中して創価警官が配置されているのであろう
(レイブパーティーで薬物が使用されるが、なぜか、摘発されないグループがあるおそらく、創価であろう。


麻薬2008年10月16日
ネットで創価学会と麻薬の関係を調べると、簡単にそのつながりを示す情報が出てくる。
http://blog.livedoor.jp/d_toshi04/tag/%CB%E3%CC%F4

■創価学会の麻薬ビジネス
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm
また、芸能界に創価学会員が多いことは有名。創価芸能人が麻薬を愛用しているのもよく聞く話。

以下、麻薬で逮捕歴のあるギョーカイ人をピックアップしてみる。

■麻薬で逮捕歴のある方々
・研ナオコ 大麻(創価学会)
・上田正樹 大麻(創価学会)
・元サザンオールスターズ 大森隆志 覚醒剤・大麻(創価学会)
・矢倉涼子 覚醒剤・大麻 (創価学会 元サザン大森の妻)
・清水健太郎 大麻 (創価学会)
・槇原敬之 覚醒剤 (創価学会)
・美川憲一 大麻 (創価学会)
・尾崎豊 覚醒剤 (創価学会)
・内藤やす子 大麻 (創価学会)
・田代まさし 覚醒剤 (創価学会)
・羽根田孝一 覚醒剤 (創価学会 TVプロデューサー
田代まさしにクスリを売った人物)

このように、ときどき末端の薬物使用者が逮捕されるケースはあるが、流通ルートが解明されることはまず無い。なぜなんでしょうね?警察もグルだったりしてね。

http://11874.jugem.jp/?eid=2019

矢倉涼子という人は、池田大作の私設通訳で、海外での活動にほとんど同行していました。

美人な人で聖教・SGIグラフの表紙にも写りました。

池田大作の愛人との噂もついてまわりました。

夫の元サザンの大森と一緒に。。
今は脱会したようです。

「神奈川県警暴力団対策課は覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑でサザンオール
スターズの元メンバー「大森 隆志」(創価学会員 49才)と妻の涼子(旧姓:矢倉
創価学会員 SGI公認通訳 52才)を逮捕した。
調べでは大森は横浜市中区打越の自宅寝室に覚醒剤約10グラムと乾燥大麻約40グラムを
所持した疑い。
大森は聖教新聞(1992/4/28付)の『100人の主張-7-』に男子部副本部長として紹介されている。 [2006/ 5/13 朝日新聞]

逮捕時は、創価学会員、SGI公認通訳。

そして、池田センセーのありがたいお言葉。

「この点、今は、各国語とも、優秀な通訳が育ってきた。英語の矢倉涼子さん、中国語の洲崎周一さん、スペイン語のクリスティーナ森永さん、ロシア語の斎藤ベンツ・えく子さん、フランス語の松本恵吉さんをはじめ、多数の優秀な通訳の方々が、世界広宣流布の伸展に呼応するかのように次々と誕生し、活躍してくださっている。私は、本当にうれしい(大拍手)。」
聖教新聞

「池田先生は、「通訳というのは、言葉を伝えるだけではない。心を伝えるのです」と言われました。私自身、さらに心を磨き、日露の平和と友好の懸け橋となって、前進してまいります。

(『聖教新聞』2004年9月22日付寄稿より)江口満(SGI公認通訳・哲学博士)


「そんな人が 麻薬に手を出したのはなぜですか? 」

池田センセーの心が伝わったんじゃないでしょうか?
ラリってなきゃやってられなかったのかもしれません。


創価学会員は、聖教新聞しか読まないから知らないのかな?
http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1030680640



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

美樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。