「ジェネリック薬品」って言葉はずいぶん馴染んで来たのではないでしょうかはてなマーク

例えば痛み止めの「ロキソニン」は一般名称の「ロキソブロフェン」になります。

 

先発品と呼ばれる薬(上記の場合はロキソニン)が、発売から10年経過すると

その発売メーカー以外でも「主成分が同じ」薬が製造販売できるようになります。

その薬を総称して「ジェネリック薬品」と呼びます。

 

ジェネリック薬は先発品に比べ薬価がかなり安くなります。

(ロキソニンはもともとあまり高くないのでそんなに変わらないかも知れませんが・・・)

すると、国民保険や社会保険からの支払いも少なくなるのですビックリマーク

なので、医療費削減目的で国を挙げてジェネリック薬への切り替えが推奨されています薬

 

値段が安くなるならいいじゃない!!と思いますが、ジェネリックは「主成分」は一緒でも

「添加物」や「製造方法」はメーカーによってバラバラです

なので、こだわりの強い先生は「ジェネリックは使わない爆弾」と言う方もいらっしゃいます。

患者としては「え~~~ガーン」でしょうが、例えば心臓の薬など作用が繊細なものは、その添加物の違いで効果の違いや副作用が出たりすることがあります。

 

そんなジレンマを解消してくれるのが「AG」です音譜音譜音譜

これは、ジェネリックですが添加物も含め、先発品と全く同じものとなります。

ただ、残念な事に希望しても調剤薬局によっては取り扱いがないことがあります。

また、全部にAGがあるわけではないので、希望する方は薬局の方に問合わせてみてくださいね合格合格合格