地球に感謝をヒトコト!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう
 
こんばんは
 
今、帰宅しました。少し、文脈が荒れて失礼します。
 
連休だったので、二日間
 
朝から、実家の不要な粗大ゴミを処分してました。
 
五十鈴川沿い河川敷にある特設会場に運んでました。他に、昼からは、墓参り、手すりをつけたりなど・・・伊勢市内や二見を回ってました。
 
粗大ごみは、そんなにはなかったのですが
 
祖母がよく寝ていたマットレス、ベッド寝具、三つのちゃぶ台でした。他に母親の布団もそれなりに処分。
あと、実父に買ってもらった、ファミコンが出てきました。たしか三交百貨店横にあった”ウシバ”という玩具やさんでした。さすがにホコリまみれになってしまって。
 
県営競技場も、大きく変貌していた。
あの前は森と言うか、森林だらけだったという記憶しかない。
 
”終括”ってのは、
 
兄は、そんな縁起でもないことをするなっ
 
て嫌ってたのですが
 
自分は
こんなに、足の踏み場もないぐらいあるので、そろそろ、処分せんと、もし、何かあったときに、片づけお前、1人でできるのかって言ったら、だんまりだった。それも、あんな狭い実家にな。自分もどうなるか分からないが・・・
 
ちゃぶ台は新聞でくくってあったので、日付を見たら平成3年・・・
 
27年前に納屋の奥に置いたってことか・・・
 
祖母の相続で揉める前は、毎年のように父方の叔父、叔母、従弟が遊びに来ていたが。
 
祖母がいなくなってからは、誰も来なくなった。今の父は従弟や従妹を自分よりも、すごくかわいがっていたが、この連中も親が親なら子も子、あまり来なくなった。まぁ、そんなもん。
 
なので、ちゃぶ台なんて三つもあったって何の意味もない。
 
さすがに、今の父親に、処分するか?と聞いたら、もう処分するとのことだった。
 
他に、母親の未使用ネックレスなどがあった。
 
兄や自分たちに、いい嫁が来てくれる日に、気にいったら使ってもらおうと思って置いていたそうだが。
 
それも、夢で終わるか、叶いがかなうか、どうか。
 
まぁ、これは、もう少し置いておこうと。
 
昼から
 
伊勢市内(伊勢市駅裏)をグルグル回ってました。このへんも変わったなぁと思いをしながら。
 
最初は、コメリに行ったが、思っている手すりがなく・・・
 
ホームセンターバローへ。
 
伊勢赤十字病院が御薗から伊勢市船江に移転し、伊勢志摩南部最大の基幹病院となっている。横にバローやホームセンターバロー、カレーチャンピョオン、あかのれん、ミタスのお湯などがあって、活気があった。白楊書店もあって、寄りたかったが、家族を車に乗せてるので、入れなかったが。
ここでは
父親が使うためでバローホームセンターで手すりを、8つ購入した。
 
続いて
二見に回り
墓参り。
 
そこで
 
新しい、しきみが置いてあった。
 
叔母か叔父か来て置いていったのだろう。それを見た父が、これを処分してこいと。参りに来たのが気にくわなかったのだろう。自分と母親は顔つきで分かった。兄は、今の父とは、暮らしたことがないうえ、鈍感なとこがある、分からなかったらしいが。続いて、チラッと母親の顔を見たのだが、母親は、二見にいる親戚かもしれないでしょ、捨てることまでしなくていいでしょ。と。
それでも
納得できない顔だった。
 
あれほど、仲が良かったのが、”相続分”と”遺産分割”で荒れた。
母親に、携帯電話で、尋常じゃないほど激しい声で言い合っていたというのを聞かされた。
仏具から、祭壇、過去帳、位牌全てを打ち付けに行ってやろうする勢いだった。どれだけ説得に苦労したか・・・従妹連中はわからないだろう。叔母連中は、姑と暮らしたことがないしな。何が長寿大学のゲートボールなんだか。
 
ほっときゃよかったんだと
自分がこぼしたとき
母親が、縁あって,この家に嫁いで仏具をせっかく今まで世話して護ってきたのにね、水の泡に終わるね。
 
・・・・。
この言葉に
何も返すことができなかった。
 
結局、最後の最後に、カンシャク立てながらも父親は折れて、話がまとまったが
 
その後に、叔父から栗きんとんを送ってきたが
一口も食べず、開けずに、すぐさま近所の宅配便で着払いで送り返した。
 
 
 
 
 
墓参り後に夕方に帰宅し
その後は、手すりをつける、手すりを持ってある程度、足踏みをしてからでないと、なかなか一歩が踏み出せないほどだ。ここでは病名を書けないが、やっぱり毎年進行していくだけだろう。
あれほど、勢いよく揉めた元気がなくなりつつある。
 
 
地球感謝の日
今の日本は、地球にも人にも感謝するという意識が薄れてる感じがする。