国内の死亡数 武漢肺炎(新型コロナ) | ぎやまん亭主のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ぎやまん亭主のブログ

シンガーソングドランカーです(^o^);
ふぉーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

 

武漢肺炎(新型コロナ)の被害を軽く考えた政策しか打たなかったのは、きっと数値データだけを見て、軽く考えた所為じゃないだろうか?

それはまず死亡者の数だな。

2020年に日本で死んだ人の数は、138万4544人で、そのうち新型コロナ感染者の死亡数は1年間で約3500人しかいない!ってとこかな。

死因第一位は悪性新生物<腫瘍>で 37 万 8356 人(死亡率(人口 10 万対)は 307.0)だから、これと比較しちゃうと、偉く少ないってことになる。心疾患で20 万 5518 人、老衰で 13 万 2435 人、脳血管疾患で 10 万 2956 人、肺炎でさえ7 万 8445 人だ。

コロナ以外の死因は138万人もあるって訳で、つまるところ、コロナは死因としては大した数じゃないってことになる。

致死率にしても1.8%くらいで推移してたから。百人の中、二人も死なないじゃないか、と。

変異株が流行って感染率が高いと言っても、致死率は倍にはならないじゃないかと。

 

でもね、インフルエンザの致死率は0.1%程度だから新型コロナウイルスの致死率が高いってのはよく分かるね。インフルエンザの18倍以上だし(最大40倍って数値もあったな)。

 

ところが、2021年に入って、累計死亡数が16,550人になった(2021年9月8日時点)。と言うことは、今年を後4ヶ月近く残して13,000人も死んだわけで、これはちょっとびっくりするよね。でも、世界ベスト20には日本も中国も入ってない訳で、(アメリカなんて65万人以上も死んでます、インドが33万人)こういう数字を見てると、他に比べて日本はたいしたことないじゃん!って考える政治家と国がいてもおかしくないわけで、それでコロナ対策が後手しかなかったんじゃないかとわしは思ってます。

 

まあ第5派は人災だと思いますがね、オリンピックなんてやるから、人の流れに影響が出るのは当たり前だよね、オリンピック関係者だけでも七百人以上の陽性者が出たし、オリンピックやるなら自粛もちょっと緩和しようと思う人が多くなるのは当たり前の話だしね。

 

ふぉーっふぉっふぉっふぉ(^o^;)

PVアクセスランキング にほんブログ村
親父日記ランキング