◆ 知りすぎない方がいい | 人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

サンジュネス勝俣工一(せきや)が日々の何気ない出来事や気づいたこと。生きていく中で気力が尽きて崩れかかりそうになったとき、方向を失い迷っていたとき、さまざまな場面に出会い支えられた言葉、感動させられた言葉を送り続けたいと思います。


テーマ:

◆ 知りすぎない方がいい

大切な人のこと
好きになった人のこと

もっともっと知りたくなるものですよね。


どんな音楽が好きなの?
どんな料理が好きなの?
どんな場所が好きなの?
どんな色が好き?
どんな時が好き?

もっともっと知りたくなってしまうものです。
そういうことは、知っていた方がいいかもしれませんよね。

でも、大切な人だからこそ
知らなくてもいいこともありますよね。

知ろうといない方がいい。

私が10代の頃からの仲間たち
いまだにあの頃のままのつき合いをしています。

私から彼らのことはあまり聞かないんです。
だから子どもが何人かも知らない親友もいます。

18歳のときかな
親父と一緒に飲み屋のカウンターで酒を飲んでいたんです。

私の隣に座ったお客さんとちょっと話がはずんで
私がその人に

「 どちらの出身なんですか?」

と聞いたとき、
親父が横で

「バカ!人前で出身はどこ?だなんて聞くもんじゃない。
 相手が口に出していないことは聞かれたくないこともある。
 やたらにその人のことを聞くもんじゃない。
 ひとりでゆっくり飲んでいるんだから。」

と叱られたときがありました。

それと今日の題名とはちょっと違うかもしれないけど。

母の知人のKさんは、私が10歳のとき
母が知らなければよかったことを母の耳に入れたんです。

それは、母が知ろうとしていたわけじゃないのですが…。
母は知りたくなかったと思います。

母は、余計なことを知ってしまったために
母の幸せな日々が崩れていってしまったのです
私たち家族の幸せも終わりました。

知らなくてもいいことは
知らない方がいいのですよね。

そして、知らせない気づかいも大切ですね。

知りすぎてしまったために
関係が終わってしまうこともある。

大切な人だからこそ
知らない方がいいことってあるのですね。

 

 

 

k.katsumataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ