浜松のうなぎの老舗で |  ギターマニアの兄を持つネットショップ店長のブログ

 ギターマニアの兄を持つネットショップ店長のブログ

  子供の頃から兄を追いかけてギターを練習。しかしどんどんマニアになる兄について行けず挫折。
  今は兄の開発したAyersギター(JP Customシリーズ)を販売するネットショップの店長をしています。
  ちなみに趣味はカメラで、主に風景写真を撮っています。

こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 浜松は関東と関西の中間地点にあるためか、市内には関東風うなぎと関西風うなぎのお店が両方あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東風と関西風の主な違いは、「開き方」「蒸し」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東風はうなぎを背開きします。関西風は腹開きです。武士の文化の関東は、腹開きを嫌ったという話もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つの大きな違いは、関東風は白焼きしたうなぎを蒸してからタレ焼きをします。関西風は、蒸しをせずにそのまま焼きます。そのため、両者の食感が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東風は蒸してあるので、一般に箸でかんたんに切り分けられるくらい柔らかです。食感は例えれば「トロフワ」。別の料理に例えれば「角煮」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、関西風は蒸しがないため、比較すると長い時間焼き、それにより香ばしく、表面がパリパリした食感になります。身も蒸しに比べてしっかりとしています。食感は例えれば「バリフワ」。別の料理に例えれば「焼肉」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は関東風のうなぎ店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うな重が来ました。ふたを開けてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パカーン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおおおお!おいしそうです。いい色に焼きあがっています。タレの照り具合もすばらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近づいてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 う~ん、いい香りだ!山椒を軽く振ってからいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パクッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「とろける~!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柔らかくて口に入れるととろけます。タレは甘めで、この柔らかい身に合っていました。タレが付いたご飯も美味しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 付け合わせのう巻きや海苔の佃煮をいただき、箸休めをしながら続きを楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肝吸いも、いい出汁が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浜松に住んでいてもめったに食べない食べれない、上質なうなぎをいただいて大満足でした。友人の親切に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、関東風と関西風のどちらが好きかは人によって違うと思います。ワタクシの好みは、外がパリッとして、中がふわふわに焼いた関西風が一番好きです。もちろん関東風のとろけるような食感も好きですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、関東風か関西風にこだわらず、「自分好みのお店を見つける」ことが一番なのかもしれません。一年のうち何回も行ける身分ではないので、好みのお店探しは、ものすごい時間がかかってしまいますが…(^^;。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回行ったお店はこちらです。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松うなぎコジマヤ本店さん

 

 

 

 

 

 

ではまた!