RPガスのブログ -2ページ目

とどまるところを知らないハラスメント地獄! ○○ハラが増えすぎて生きづらい!?

とどまるところを知らないハラスメント地獄! ○○ハラが増えすぎて生きづらい!?
何かと世間を賑わせている“ハラスメント行為”。セクハラやパワハラは昔から有名ですが、最近ではアルハ.......... ≪続きを読む≫

エアハラ(エアコンの温度調節、あるいは空気を読まないこと)

ロジハラ(論理的に言い負かす、論破すること)

スメハラ(スメルハラスメント、臭いに関するハラスメント)

ヌーハラ(ヌードルハラスメント、麺類をすする音)

ゼクハラ(女性が男性に結婚を迫る行為、まあセクハラの一種でしょう)

オカハラ(広義ではお菓子に関するハラスメント全般、狭義だと特定の人に対してお菓子を配らないこと)

 

まあ、その他いろいろありますが、いったい誰が考えたのか感心します。最近では、ハラハラ(なんでもハラスメントと言いがかりをつける行為)というのもあります。

 

某大臣が「セクハラ罪なんてのはない」と、言って話題になりましたが、法的観点からするとその通りでセクハラに限らず「〇〇ハラスメント」だからといってそれ自体が罪になるわけではありません。また、民事についてもハラスメントだから当然に慰謝料請求できるわけではなく、違法性や故意過失、因果関係など民法709条の各要件に従って検討するだけのことです。

 

ですので、「ハラスメントだ」と、言われたのであれば、「あっそう、だったら裁判すれば?警察行けば?」で済むだけの話です。あとは適当に聞き流せばいいですし、「ハラスメントだ」といって命令を無視したのであれば、職務命令違反で厳正に処分すればよいだけのことです(あるいは懲戒権限をもつ者に通報する)。

 

なお、ハラスメントかどうかはともかく、違法による被害を受けたと感じたのであれば、ハラスメントだと叫ぶ前に、弁護士や警察、労働基準監督署、その他しかるべく第三者機関に相談してください。コンプライアンス室等が整備されているのであれば、そちらに相談してもよいでしょう。

 

 

 

 

”法科大学院上位六校による予備試験制度に関する緊急提言を読んで”

河井議員は法務大臣に就任されたようで、法科大学院との関係で今後どうなるか(どうするか)は見ものです。

 

小生はかねてより主張していますが、法科大学院修了を司法試験受験資格にすることそれ自体否定はしません。

その上で、

1.金銭面から予備試験ルートは確保し、予備試験ルートについて受験資格制限を一切設けないこと

2.法科大学院教育の抜本的改革を行うこと

です。

 

2については、法科大学院の教員資格を弁護士・検察官・裁判官経験が一定以上あることを要件にすべきということは、このブログでも再三にわたり主張しています。少なくとも、司法試験に合格していない、当然実務経験もない研究者教員を放逐しない限り、法科大学院に未来がないことも、このブログで再三述べています。法曹養成といいながら、教えている人間が法曹資格がないというのは、笑えない冗談です。

 

その上で、法科大学院教員・教授内容の質の低下が露呈した現代の法科大学院では、予備試験にとってかわられることは自明です。予備試験もそれなりに人気ですし、予備試験は現状のままでよいと思います。

 

予備試験受験生が司法試験合格率が最も高いのは、法科大学院教員と教授内容の質の悪さ以外の何物でもありません。そのような有害ともいえる授業を受けなければならない学生こそが最大の被害者です。法科大学院教員が跋扈する以上、現状が代わることはありません。

 

資格が必要なのは予備試験受験生ではなく、法科大学院教員であることを知っていただきたく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停電55万軒、影響続く=治療困難、学校も休み-台風15号、850人避難・千葉

停電55万軒、影響続く=治療困難、学校も休み-台風15号、850人避難・千葉
台風15号の被害を受けた千葉県では10日も、多くの地域で停電や断水が復旧せず、住民生活に大きな影.......... ≪続きを読む≫

あらゆる場面で電気が必要になった現代社会、改めて電気の大切さを思い知らされます。

 

とはいえ、千葉以外も他人事ではなく、災害等でいつ電気が止まるかわかりません。太陽光発電・自家発電の技術は進んでいるものの、大規模災害・停電のすべてをカバーすることは困難です。かといって電気に頼らない生活自体不可能です。人間の技術として、今後電気に代わるエネルギーが出てくる可能性はありますが、おそらく小生が生きている間は難しいでしょう。

 

そうなると、大規模災害時における停電リスクについては、もう少し国家レベルで真剣に議論する必要はあるかと思います。

 

最後になりましたが、被害に遭われた方、この場を借りてお見舞い申し上げます。