旧 沖縄Girl's Life
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ヘアメイクさんもオススメする韓国マスク

こないだの韓国滞在で、知り合いのヘアメイクさんがオススメしていた「MEDIHEAL」のマスクを購入!

一番左のものをお勧めしていたのですが、ついでに別シリーズもGETしました。
確か両端が安くなってて、1500W、3000W、2000Wでした。日本だとぶ厚くて保湿の良いマスクは500円以上になることが多いので、韓国のこの値段は有難い!

普段は日本製の30枚入り1000円くらいのマスクを使ってますが、気合いを入れるときにはこういう特別なマスクをつかいます。

この時の韓国滞在の最終日は聖水洞だったんだけど、コスメブランドのお店が近くに中々なくて、、、有難い事にオリーブヤングはどこにでもある。小さなオリーブヤングで、マスクを帰り際にGETできました。



韓国の安可愛ショッピングなら、高速バスターミナルにある「Go to Mall」

韓国のファッションと言えば「東大門」というイメージが強いでしょう。東大門にはたくさんの問屋さんがあり、apmではめちゃ可愛い洋服ばかり並んでいて惚れ惚れしてました。

私は昔から掘り出し物を探すのが大好きなので(それは東大門市場も同じなんだけど)、値段が安く、お店も多く、1フロアにまとまっているので移動も便利な、GO TO MALL(고투몰)が大好きなんです。

韓国に来たことがある方行ったことがある方も多いと思いますが、GO TO MALLは高速バスターミナル駅(고석터미널/339)の地下にあります。
 
▲入り口はいくつかあります。



▲縦に長く、2つの通りがあります。



日本人も多いので、毎回日本語をちょこちょこ聞きます。

GO TO MALLにある全てのお店が激安ではないです。私は値段が書いてないところではあまり買いません。だからこそ、安いものを見つけたら嬉しいんですよね。

お店1つ1つはこんな感じです。





カバン専門店はどれも10000Wで売ってるところがいくつかあります(約1,000円)!




似ている商品でこっちの方が安い!と言うものがあるかもしれないので、目星をつけておいてお店の番号を覚えておくのもいいかもしれません。

でも、離れてしまうとそこに行くまでも遠いので(人も多くそれをすり抜けないといけないので)、時間を考えながら買い物することをお勧めします。
私的にはここは3時間くらいほしいな〜とは思います。

▲春に韓国で購入した洋服。ほとんどGO TO MALL。ただ、試着できないことがほとんどなので、着てみて自分に似合わないものもありました(笑)

でも韓国のワンピは女性らしいラインで大好きです!日本のワンピは女性らしいラインのワンピは高いものしかないような気がするので。

▲10月に行ったときの写真。洋服も秋冬になっています。


▲以前はそれぞれのお店で違ったと思うのですが、今回行ったお店は全てこの袋でした。ただ、それぞれ小さくて持ちにくいので、たくさん買う予定の人は、エコバッグ的なものを自分で持って行くといいかも。


▲今回ゲットした洋服。合わせても5,000円未満です。左上のはメンズもの。日本だと冬服は高いけれど、GO TO MALLは春夏も秋冬も値段のベースが変わらなかったです。


あくまで私の個人的主観なのですが、韓国で買い物する場所を選ぶ時の参考までに。

●東大門市場
買い付け目的/個性のあるものやデザイン的なことを重要視する/夜中でも買い物したい(ビルによって違うので事前調査が必要)/交渉には自信がある

●GO TO MALL
安いものを探している/ある程度トレンドを抑えたものが欲しい/韓国語での買い物に自信がない/現金で買い物したい(カードだと手数料が必要だったり)

●カロスキルや弘大などの街のお店
ある程度系統でお店を選びたい/欲しいブランドがある/試着したい/街の雰囲気も楽しみながら買い物したい/クレジットカードで買い物したい

※あくまで私の主観なので、参考程度に。



韓国は食べ物はもちろん、ショッピングも旅行での楽しみのひとつです。ちなみに江南駅の地下のお店も安くて可愛い洋服が多少あるので、GO TO MALLみたいに人が多いのは…と言う人は江南駅もお勧めです。




韓国人もお勧め!韓国語の翻訳で使える翻訳機「Papago」

皆さんは、韓国語の翻訳は何を使っていますか? 
どうしても私みたいな韓国語がまだまだの人には必須の翻訳機「번역기(ポニョッキ)」。

これまでGoogle翻訳を使っていたのですが、翻訳が微妙な時が多くて…。韓国人の友達がお勧めしてくれたのがコレ!韓国では有名な「Naver」が出している翻訳機で「Papago」というかアプリです。無料でダウンロード出来ます。




機能もたくさんあって便利ですよー!
アプリを立ち上げた時の画面がこちら。





普通に文章を打って翻訳する場合、「内容を入力してください。」をタップします。


言語の入れ替えは、真ん中の矢印をタップで出来ます。また、他の言語にしたい場合も、タップで簡単に変更できます。それぞれの音声を聞くこともできます。


下にあるボタンはそれぞれ、こんな機能です。

①は翻訳した言葉を拡大できます。実際はスマホの画面いっぱいに表示されるので、もっと大きいです。


②は漢字の場合、読み仮名が表示されます。



③は翻訳した言葉を、お気に入りに追加できます。追加した言語は、ホームのメニューから確認出来ます。






お気に入りに登録した言語。#タグをつけて、分類することもできます。



④はシェアが出来ます。そのままSNSなどで使いたい場合はいいですね。



⑤はクリップボードにコピーが出来るので、端末内の別の場所に貼り付けが可能です。




また、手書きで入力することもできます。「内容を入力してください。」の画面の時に、ペンマークのようなものが出て来るので、タップすると手書きモードになります。


手書きで書くと、文字の候補が出てきます。



候補をタップすると、次の単語も入力出来ます。





続いて、音声で翻訳したい場合はこちら。ホーム画面の緑のところです。これは、実際目の前に海外の方がいて、会話をするときに使えます。


真ん中の青い部分は、上下どちらの言語でも音声翻訳が出来るので、2言語で同時に音声会話ができます(笑)自分が話す方のマイクマークを話すと、それぞれの言語が表示されます。




最後は画像翻訳です。その時に撮影も出来ますし、カメラフォルダにある画像も翻訳できます。


私はこの機能、化粧品の説明などに使っています。翻訳して欲しい部分をドラッグでマークするように選ぶと翻訳してくれます。


たくさんの便利な機能、ぜひ使ってみてくださいね。

韓国海苔「김」に甘さの加わった、進化系「김자반」が美味しすぎる。

日本でも当たり前のように売っている韓国海苔。
私は日本でもよく買って食べる方なのですが、やっぱり本場のが食べたいじゃないですか!?
なので、韓国に行った時には必ず韓国海苔を買ってきます。

韓国では海苔のことを「김(キム)」と言います。
※正しい発音は「ㅁ」は唇を少し噛むように?!して声を出します

これも最近気づいたのですが、ご飯のことは「밥(パッ)」。なので、韓国海苔巻きの「김밥(キンパッ)」は、「 김(海苔)」+「밥(ご飯)」から出来ているのですね。


そして先日、韓国の食堂で食べてめちゃくちゃ美味しかったのがコレ!

「김자반(キムジャバン)」と言って、ごま油と塩っ気のある韓国海苔を刻んで、食感のある砂糖加えたような味です。
これが本当に美味しくて、どうしてもまた食べたかったのですが、これはお店で作っているものらしく、購入は出来ないということで残念…。


お店で売っているものは種類はたくさんありますが、こんな感じらしい。


そういえば4月の韓国でも、友達が美味しいって言ってたから買ってたことに気づいた(左下の黄色いパッケージの)!当時は名前なんて気にしてなくて、韓国海苔のふりかけって勝手に心の中で思ってました(笑)


そして、今回も自分用の韓国海苔がこんなに(笑)


スーパーで買う韓国海苔は、だいたい下にある大きいサイズなんだけど、これがかさばるかさばる…。
なのでいつものよう写真のように、解体して持って帰ります。上の大きい方はスリムなんだけど、一度開けるとすぐ湿気るし食べづらいのが難点。

そんなこんなで、帰ってきてから毎日「김(韓国海苔)」を食べまくっています(笑)


みんなが知ってる韓国語「チュセヨ〜」に似ている「テュセヨ〜」の正体


韓国語を勉強していない人でも知っている韓国語といえば、きっと「안녕하세요(アンニョンハセヨ)=(いつでも使える)挨拶」「감사합니다(カムサハムニダ)=ありがとうございます」ですよね。そして、「주세요(チュセヨ〜・ジュセヨ〜)=ください」も知っている方は多いと思います。


私も今年の4月から韓国語を勉強し始めて、こないだ初めて間違っていたと気づいた言葉がありました。
それは、「美味しく召し上がってください」という意味の韓国語なんですが、私は「マシッケジュセヨ〜」と思っていたんです。「美味しくください=食べてください」なのかな〜と…。

そしたら正解は、「맛있게(マシッケ)=美味しく」+「드세요(テュセヨ)=召し上がりください맛있게 드세요」とのこと!


この「드」の「ㅡ」は、日本にはない発音で、「イの口でウを発音」みたいな感じなので、発音だけで覚えてたら完全に勘違いしてました(笑)

※正確な発音は違いますが、分かりやすくカタカナで表記しています。

最近の韓国のトイレは変わってきてる!?〜韓国のトイレ事情〜

海外旅行に行った時、各国のトイレ事情って気になりませんか?
以前、沖縄の米軍基地内にあるトイレに行ったとき、ドアの下部分が空きすぎていてハラハラしたのを覚えています(笑)


韓国に行ったことのある人なら分かると思うのですが、基本トイレのティッシュは隣にある大きなゴミ箱に捨てますよね。

でも最近では、中にティッシュを流すトイレも増えています。その違いは、トイレの中に大きいゴミ箱があるかないか、もしくは注意書きがあるかないか(だいたい外国人向けなので、イラストや韓国語以外の文字でもちゃんと書かれています)それだけです(笑)
ちなみに仁川空港はゴミ箱に捨てるタイプで、1泊したairbnbの宿は流すタイプでした。

韓国に来てすぐは、ついいつものクセでティッシュを入れてしまいます。仕方ないので、詰まりません用に、、、と流します。


韓国人はキャンプが好き!?北朝鮮に近い場所での韓国キャンプ体験

今回、韓国に来た目的のひとつが韓国でのキャンプ!

元々アウトドアには興味津々で、キャンプはずっとしたかったのですがなかなか機会に恵まれず、
沖縄には11年もいたのに結局キャンプらしいキャンプをしなかった私…。
 
韓国人の友人がキャンプはたまにするし道具も持っていると言ってたので、連れて行ってもらうことに!
確か予約をしたのが2〜3週間前だったんだけど、ソウルのキャンプ場がほぼ空いていなかったらしく、、、(韓国語もまだまだ出来ないので、こういう地元情報を見つけるのは苦手)郊外でのキャンプに変更!
 
「포천시(pocheonsi)」という、ソウルより北朝鮮に近い場所にある「Four Seasons」というキャンプ場へ行くことにしました。Facebookページを発見!
 ▲私のGoogle Mapにあるソウルのチェックスポットの数(笑)


公共交通機関ではさすが行けないので、友達の車で現地まで行きました。食材はソウルのマートで購入(施設の近くにはお店がないので)。
週末なのでソウルの渋滞区間が結構長かったですが、郊外に行くと車も少なくなりスイスイ。
高速を降りてから20〜30分くらい走ったかな?
▲高速を降りたらかなり日が落ちてきています。
 
道中では、本当にキャンプ場には他の人がいるんだろうか?と思うくらい田舎で心配になってましたが、
到着したらテントがぎっしり!
 
▲隣との距離が近い(笑)ファミリーが多かったです(ソウルで見かけるイケイケな感じではなく普通の人たちで安心。笑)。
 
私がGo to mallで買い物をしたかったので、ソウル出発が15時くらいで到着が夕方になってしまったのですが、もうすでにみなさんテントを立てて落ち着いていました(笑)Go to mallの記事はまた別で紹介しますね。
 
この日は天気には恵まれたのですが、韓国の昼と夜の気温差が激しく、服装をどうするかめちゃくちゃ悩みました。今週末にたまたま行く予定の函館と比べても、昼の気温は同じくらいなのに夜の気温は全然違う!
しかもこのキャンプ場はソウルより北にあるので、夜中の気温は最低4度まで下がっていたそうです。
▲昼間は17度なのに、夜は6度!
 
▲ソウルに比べて函館の昼と夜の温度差は4度!
 
 
到着してからテントやテーブルを組み立てるのですが、キャンプらしいキャンプをしたことのない私は
何からしていいかさっぱり、、、
あまりお手伝いは出来てないかもだけど、ほとんど友達に任せて完成!(笑)
▲キャンプってテントで暖かいと思っていたら違うみたいで、今回は受付で電気毛布を借りたんだけどそれがとても暖かかった。
電気毛布の上にそれぞれ寝袋、寝袋の中に軍隊の絵がかかれたホッカイロ(下記)を3つ(笑)
洋服はもともと着てきてた厚手のタイツにトップスはキャミソールの上に、Go to mallでその日に買ったスウェット。さらに、友達に借りたユニクロの薄手のダウンの上に風を通さないウェットスーツのような上着をつけて、全然寒いと感じることなく眠れました。
(外にいるときは顔や首、手などは寒いけど、寝るときはテントの入り口も閉めるのでだいぶ違う)
 
▲これ、めちゃ暖かかったから買ってこうと思ったのに忘れてた!軍隊=BIGBANGメンバーを思い出してしまうビッペンの私。
 
▲マートで買ってきたもの。マートでは、お水(ご飯作るときにも使う)、お酒、ご飯、キムチチゲ、海苔、お菓子、お肉、網、炭などを購入。あとはキャンプのプロ!?の友達の持ち物です。
 
▲ビールはなぜかタイのビールも(笑)。
 

韓国のキャンプらしく、夜はご飯はサムギョプサルにキムチチゲとおつまみのキムチを添えて。
私はエゴマが苦手なので、お肉とサンチュとエリンギを焼いて専用のペーストにつけて食べました!

 
お酒はビール、チャモンイスル(普通のソジュではなく、グレープフルーツソジュ、柚子、グレープなどフルーツ系のソジュ)、そして、ビールとソジュを混ぜて飲む소맥(Somaeg)を初めて飲みました。薄かったのか、そこまでキツくなかったです。

しかし、前日遅くまで起きていたので眠く、21時過ぎにはいつの間にか寝ていました(笑)
 
 


そして、朝は朝露でテントが少し濡れていました。空が澄んでいて、光の感じも綺麗でした〜。
 
▲左手にある小屋で食べ物の洗い場とトイレがあります(トイレ用のティッシュは持参必須!)。
 
▲川の側でテントを立てて気持ち良かった〜
 
▲朝はもちろんバナナウユ(笑)
 
▲あとこのお菓子がおいしかった(Hot Spicyって書いてるけど辛くないし、クセになる)
 
▲帰り道の景色。針葉樹が寒い地域なんだな〜と改めて感じる
 
▲うちの地元に似ていて、なんだか懐かしい感じ
 
▲山道を抜けると街並みに変わります。ここは日本とは全然雰囲気は違う
 
 
今回のキャンプ場は、シャワーが共同で(もちろん男女は別!)一人ずつ区切りは無しでした(温泉で他人と裸の付き合いはするけど、さすがにシャワーの全見えは変な感じ。笑)…と思ってたけど、結局朝シャワーをしに行ったときは他に人がいなくてホッとしました。
 あとドライヤーはないので持って行かないといけません。タオル系やシャンプー、洗剤(食器を洗う)、ペーパー系も持参が必要。
 
 
でも本当に、観光ではない韓国の体験が出来てとっても楽しかったです!もう少し暖かい時期にもリベンジしてみたいな〜。
 

 


 

 

Peachの仁川空港〜羽田空港(国際線ターミナル)深夜到着便から帰宅するには!?

韓国から日本に戻って来ました〜!
今回、行きはジンエアーで成田空港〜仁川空港、帰りはPeachで仁川空港〜羽田空港という行きと帰りの航空会社と空港が違うスタイルでした。行きの空港については前回の記事で書いたのですが、今回は帰りについて。

Peachの仁川空港→羽田空港便は、現地発が22:35なのである意味時間を有効に使える、でも、終電後なのでどう帰ろうか空港か考えないといけないのです。

Peach(羽田〜仁川)
・羽田空港 1:55〜仁川空港 4:25
・仁川空港 22:35〜羽田空港 0:55
※2018年10月現在

羽田空港出発の便は終電前に行って待って、仁川空港からソウル向けの電車の始発は5時台なので、なんだかんだ入国審査とかしてたらいい感じの時間になりそう。

もし韓国でタクシーを利用したい人には(荷物が多い、ホテルまで楽に行きたい)良い人に当たればいいのですが、そうじゃないと観光客だとぼったくられる可能性も(私はどちらもあります。悪い方は正確には最初は色々話しかけてくれていい人だったのに、明日の空港まで送るよ!電車より安いよ!みたいに言われて、メーター上がってるのに路肩に停まりながらしつこいく話されて、この時間メーター上がるじゃん!みたいな)。逆に妹と二人の時、弘大で流しのタクシーを拾って空港まで行った時の運転手がめちゃいい方で、気分もよくなってお釣りはいいです〜とお別れしました。ほんとこれは運だと思います!

数年前に使って良かったのは、事前に料金が分かる「Uber」。数年前なので現在の状況は詳しく分からないですが、今年の4月に先輩が韓国に来た時、東大門市場から市内の移動に使っていました。

前置きが長くなってしまいましたが、今回の記事は、羽田空港到着が終電終わりの深夜便についてです。
調べてみると、以下の帰宅方法の選択肢がありました。

①羽田空港で寝て始発で帰る
②羽田空港からの深夜バスでなるべく近くまで行って、始発で帰る
ちなみに深夜バスの行き先と時刻はコチラ
※ややこしいですが、深夜割増料金なので( )内の値段です。そして事前Web予約には会員登録が必要なので、可能性がある方は会員登録だけでも先にしておく方が便利です(会員登録画面がパソコン向けでスマホから操作しづらくい、、、)


最初は①にしようと思ったのですが、次の日は仕事。羽田空港発の始発で向かっても、家に着く頃には6:30〜7:00(場所によると思うのでそれぞれ調べてみてください)。しかも、出勤の人も増えて来る中、寝不足でひどい顔と大きい荷物の時に人が多いの嫌だな〜と言うことで途中で諦めました(実は帰りの仁川空港で決めた。笑)

②だと、どこで待つかは置いておき、深夜バスで少しでも近くに行けるので、①より1時間くらい早く家に到着します(これも場所によると思うので、それぞれ乗り換え案内で調べて見てください)。そして、バスの到着地周辺で安いカプセルホテルがないかな〜って探してみたのですが、意外と高い!5,000円以上とか数時間の仮眠に使えない、、、深夜リムジンバス料金(私は新宿までで2,000円でした)+宿泊代ってLCCにする意味あるのか問題発生(元々セール購入じゃないからそこまで安くなかったし更にとなると)。

②の別案としてあったのが、
A)マンガ喫茶で仮眠をとる
B)24時間営業の場所で時間を潰す

マンガ喫茶の方がかかる料金として高いですが、A.は個室で体少しでも休める。B.はドリンク代くらいでおそらく済む。これも決めたのは深夜バスの中でした(笑)

▲国際線を出てまっすぐ進むと「バス」と言う案内が出て来るので(駐車場の手前)、そこを降りるとバス乗り場があります。


ちなみに、空港からのバスは充電はできましたがWi-Fiはありませんでした(方向によって違うかも!新宿・池袋方面はそうでした)。ちなみにUSBではなくコンセントタイプでWi-Fiもないので、外国人には少し不便かも。

写真を撮り忘れたのですが、バスのチケット購入は、国際線の到着出口を出て左側にスタッフ対応の購入場所があり、少し進んで右側に行くと自動チケット券売機があります(現金、クレジットカード、交通系ICカード対応)。深夜1時前だったのですが、スタッフ対応の窓口も開いていて案内の方もいました(遅い時間までお疲れ様です、、、)

結果、3時間もリラックスせずに時間を潰すのはキツイという本能に従い、駅周辺にあるマンガ喫茶の3時間パックが1,000円だったので、②のAにしました。

新宿パスタを降りて、ニュウマン方面に進むと近くのビル5Fにあるこちらにしました。
シャワーも浴びたかったので利用したのですがシャワー室が狭い!でも贅沢は言ってられません。でも、鍵付きでスタッフが時間を管理して呼びに来てくれるので、(前に使用してた人が終わり、清掃したら呼んでくれる)楽ではあります。タオルのレンタル、シャワーセットの購入で+300〜400円くらいの1,500円以下で始発までの時間を過ごすことが出来ました。

でも、禁煙ルームは空いてなくて、結局シャワー待ちからの利用、髪を乾かすなどしてたら、仮眠時間は数十分(笑)でもとりあえずはスッキリ&少しは一人の時間が取れたので良かったです。


エクスペディアで航空券を予約して、成田空港からジンエアーを使って仁川空港へ行って来た!

年内は行かないつもりだったけど、関東出発で初の韓国旅に来ています(汗)
今までは那覇出発で、Peachが良い感じに充実してたし安かったけど(関西と福岡も安くてうらやましい!)、東京発ってお金も時間も、うーん(たまたま私が求めてた日にちやスケジュールというのもあると思いますが)。
今回私が利用した便は、夜遅い時間に到着&出発というのもあり、時間は有効活用できるんだけど、公共交通機関が微妙な時間なので一人旅にはあまり向いてないかも。

今回は、初めての韓国のLCC航空会社「ジンエアー」を利用。金浦空港からチェジュ島へ行ったチェジュ航空以来の海外の航空会社です。



まず、都内から成田空港へは、いつも通りの東京駅八重洲北口発の京成バスを利用。事前予約で900円です。
17時出発という帰宅ラッシュの時間でしたが、10分くらいの遅れですみました(高速入口がなかなか動かなかったけど、そこからは割とスイスイ〜)。

沖縄〜東京を行き来する際によく利用する「バニラエア」は第3ターミナルなんだけど、ジンエアーは第1ターミナルのノース(北)ウイングです。
成田空港行きの京成バスは、第2ターミナル(北・南それぞれ)→第1ターミナル→第3ターミナルの順番で到着します。

ジンエアーは第1ターミナルなので、第1ターミナルのサウスウィングで降りて(ノースウイングは停まらない)、ノースウイングまで徒歩で移動。全然歩いていける距離で、遠くないです。


▲成田空港第1ターミナルノースウイング内。夜便だからか、あまり人はいませんでした。


成田空港に到着したのが出発の2時間前くらいだったのですが、すでにチェックインに人が結構並んでいたので並びました(笑)ジンエアー は自動チェックイン機はないので、(近くに他の航空会社の自動チェックイン機があって紛らわしい。笑)カウンターで受付です。

▲手前にある機械でジンエアー のチェックインは出来ません(笑)


私は顔が濃い目なので、絶対韓国人には見られないのですが(服装・メイク・表情もあると思いますが)、韓国人の爽やか男性スタッフに日本語で「次の方どうぞ〜」と案内してもらいました。

実は今回一番不安だったのが、エクスペディアでの初予約!ジンエアーのウェブサイトから申し込もうとしたんだけど色々あって断念して、スカイスキャナー経由で一番安かったジンエアーで購入。

でも、メールにはよく航空会社で購入した時に届くバーコードなどもなく、不安になってジンエアー の予約確認からそれらしき番号を入力しても表示されず、、、チェックインにの際にパスポートを出して、日本語で「エクスペディアで予約したんですけど」とメールの画面を見せました。


届いた予約完了メールには「予約が確定しました。予約確認の電話は不要です」と記載されていて、旅程番号、確認コード(ジンエアー)、予約ID、航空券番号は記されていたけど、その男性スタッフはメールをあまり見ていなかったので、おそらく名前で照合してたんだと思います。(しかも、予約時にエクスペディアのユーザー登録はしてたものの、パスポート番号は登録してなくて、それなのに国際線の予約が取れて不安だったから、言われてないけど自分でプロフィールにパスポート番号を、登録しました。笑)

▲届いたメールの一部。電話は不要と強調してるけど、もう少し説明が欲しい(笑)


そして、無事にチェックインが出来たけれど、遅れないか不安だったので(国際線になるとなぜかソワソワ。笑)1時間半前くらいには保安検査所へ行き、入国審査を通過しました。


第1ターミナルのノースウイングには、ブランドなどの免税店、お土産屋さん、電気屋さん、本屋さん、セブンイレブン、マクドナルド、スターバックス、ドトール、ご飯屋さんもろもろなどが無難に揃っていました。人もあまりいなくて広々です(笑)



▲左はTHE日本なアイテムを売ってたお土産屋さん

▲左にマクドナルド、右にはセブンイレブン


そして、11番ゲートだったのですが、コンセントもUSBもさせる充電箇所がそれぞれの椅子にあってビックリ!空港までのバスも充電ができたので100%フルで挑んだので今回は使用しませんでしたが、今オフラインで飛行機の中でブログを書いているけど既に64%(オフラインでも見える映像を観てたからかな…)!

成田空港第1ターミナルもWi-Fi対応で(繋げてからブラウザで接続するタイプ。他のアカウントでログイン不要)、京成バスもWi-Fi対応で(他アカウントでログインが必要。Wi-Fiマークが出てるのに繋がらなければ、ブラウザを立ち上げて少し待ちましょう)、常にWi-Fi全開でありがたや〜。
 

そして、ジンエアーはLCCだけど機内食が出るらしく、この日はなぜかケーキ系が2つ(シナモンロールとふわふわのパウンドケーキ)とオレオ、お水でした(笑)

▲最初、この袋だけCAさんが持ってて何かと思った(笑)中を開けると…

▲これが入ってました!オレオは持ち帰りとしてカバンにイン。

そして、仁川空港へ到着!日本との便なので、日本語も話してくれるので、英語と韓国語が出来ない人も安心です。

(公開は忘れていて気づいたタイミングでしました。笑)



仁川空港に負けず劣らずキレイ!初めて利用した「金浦国際空港」

韓国滞在中、ジヨン好きの妹が来韓することに。
空港もない、陸の孤島と言われる田舎育ちの私たち。

これはなかなか無い機会だと、G-DRAGONプロデュースのカフェがあるチェジュ島(済州島)へ行くことに決定〜!!

妹が韓国に来て、合流してからのチェジュ島への移動だったので、金浦空港を経由することに。
これまで仁川空港しか使ったことがなかったので、初めての金浦空港利用でした。


妹を待っている間、使っていた仁川空港到着出口の充電スペース。日本タイプの充電器も使えるところがあるのがいいですね。
(私は韓国で韓国タイプの充電器を買ってたので、イキって韓国タイプを利用。笑)


 
当日、空港鉄道を使って仁川空港へ妹を迎えに行ってから、また空港鉄道を利用して金浦空港へ(笑)
仁川空港から金浦空港へは、確か30〜40分くらいで着いたと思います。