心理鑑定人が生年月日心理学で占う、進路相談、学校選び。

心理鑑定人が生年月日心理学で占う、進路相談、学校選び。

進路・心理カウンセラーがコミュニケーションスタイルのタイプを心理学・分析学・統計学をミックスさせた方法で問題解決に役立つスキルとしてお伝えします。★心理鑑定★能力鑑定★相性診断★自己分析など。

『私は去年の7月まで高校に通っていましたが、7月から通わなくなりました。通う意味がないと思ったからです。では辞めたと言って高校よりも意味のある生活を送ったかというとNOでした。その後、精神疾患を発症しました。冷静に自分を見つめることなんてできず、でも一方で自分の未来に対する焦りは大きく、進路はどうしたら良いのだろうといつも考えています。』




この生徒は、高校は辞めたものの、その先は進学したいという想いがあり高卒認定試験を受験しました。

その後、彼女が取り組んだことは、「自分が本当にやりたいことは何なのか」、「自分にはどういう能力が備わっているのか」、「自分はどういう性格なのか」、ひたすら自分に向き合い、『自分』というものを知る作業です。そして、今は見つけた『夢』をかなえるため専門学校に進学する予定です。
不登校で悩む生徒は全国にたくさんいます。あるきっかけがあって学校に戻ることができた人もいれば、通信制高校に転校して高校卒業を目指す人もいます。

不登校になる理由はさまざまです。進路のことだけではなく、学校の友達と馴染めなかったり、家族と上手くいかなかったり、人それぞれです。

ところで、次のようなことで悩んだりすることはありませんか?

✔なぜ、周りと上手くいかないのだろう
✔どうしたら、自分の想いを伝えることができるのだろう
✔どうしたら、本当の自分は分かるのだろう
✔もっと自分らしく生きてみたい
✔将来何をしたらいいのだろう

もし、あなたが一つでも当てはまるものがあれば、この本で取り上げている自己分析法を活用してみることで、今の悩みの解決の糸口が見つかるかもしれません。

私は、メンタル・キャリアアドバイザーとして中学生・高校生・大学生の進路選択のお手伝いをしています。

メンタル=心理とキャリア=進路とは密接に関係していています。人それぞれ違う『心理』について知ることはとても大切です。そして、進路については、目標や夢を叶えるためには、どういった能力やスキルが求められるのか、それらはどうやったら獲得することができるのか、『情報』を得ることが必要です。

『心理』についてですが、人それぞれの心の在り方には特徴や傾向といったものがあります。

それらを理解するには、人やものごとに対する3つの違いがあることを知ることから始まります。

①感じ方の違い ②動き方の違い ③考え方の違いです。これらの違いが交じり合って、その人ならではの個性が形成されていきます。

それらの違いを組み合わせたり、分析したりすると、タイプ分類ができます。自分と相手とのタイプの違いがしっかり認識できていれていれば、おのずと良好な人間関係が築けます。

しかし、そういった自分と周りのタイプや心理状態の違いなどお構いなしという態度でコミュニケーションをとると些細なことでもトラブルになることも少なくありません。

また、周りの意見や世の中の風潮ばかりに惑わされていると、夢溢れるはずの将来に対しても無気力になることもあります。

いまや大学生の就職活動のシーンでは、自己理解・自己分析という『自分を知る』作業は企業からの内定獲得のカギを握るとても重要なものとなっています。的確な自己理解、自己分析ができていることが前提で、より魅力的な自己PRにつなげられるかが問われています。

私は25年にわたり、進路選択についてアドバイスしてきましたが、その間に培われた自分を知るためのエッセンスを今回『フルゲン式』自己分析法としてお伝えします。
内なる心の傾向を心理テストで分析し、さらに外から見える言動を客観的に見つめ直すことで、より自分らしさに近づけるよう体系的にまとめています。

また、夢や目標を叶えるための行動の指針を5つのステップで解説しています。

この自己分析法を活用することで、激動の時代を『自分らしさ』をもって、たくましく生き抜いてほしいと願ってやみません。

フルゲン式自己分析法はこちらから

私事。この度、4月より、東京→沖縄


帰郷⁉️進出⁉️移住⁉️しました。





私のドラマの第3章の幕開けです。

私にとっての今年は、12年周期バイオリズムでみると『きけん』どころか、『充実』という集大成の年にあたります。


2022年2月4日立春より、その流れになりました。こりゃぁ、何かあるぞ…


と構えていたら…


やっぱり、来ました‼️

3月1日の夜、一本の電話がありました。


それから、あれよアレよという間に、いろんなことが重なり、不思議現象が起き、沖縄復帰となりました。


大学入学以来、いずれ沖縄に戻って👋なんて、一度も思ってもいませんでしたが、34年後、何かに背中を押されるように、第3章が幕を開けさせられました。


あまりにも、急過ぎて、いろんな方へのご挨拶もままならず、失礼いたしております笑い泣き


しかも、34年前は飛行機飛行機で飛び立ち、復帰は、なぜか鹿児島からの船便船で那覇新港入り…




桜島に見送られ



船中で夜を明かし



翌朝から

奄美大島(名瀬港)→徳之島(亀徳港)→沖永良部島(和泊港)→与論島の島々の港を巡り


ようやく、夕暮れで本部港


すっかり、陽が落ちて那覇新港に到着です。


それから車🚘で実家近く首里の新居へ


今までも、

そして、

これからも、


皆さまに支えていただき、

ありがとうございます笑い泣き


いっぺ〜

にふぇ〜で〜びたん

にふぇ〜で〜びる


今後とも、


よろしくお願いします!!


ちむわさわさ〜滝汗

ではなく

ちむどんどん

ウインク

でいきたいと思いますよ〜


あんしぇ〜音符

と〜はい〜ルンルン


ゆたしく、

うにげぇ〜

さびらお願い







もうすぐ立春ですね。



『もうすぐ春ですね〜ルンルン恋をしてみませんか〜ルンルン』はキャンディーズ

1年間の中で、目に見えざるエネルギーの節目なるのが立春です。スタートになります。

まぁ、巷の正月みたいなものですわ。

いろんな方から年が変わるこの一月二月には、『わたしの今年の運勢は〜⁉️』ときます笑い泣き

運勢というよりも、その人の生まれ持った

①性格・気質

②バイオリズム・ライフサイクル

③潜在能力・顕在能力

を掛け合わせて、お伝えしてます。
LINEなので、軽くこんな感じです下差し下差し


お待たせしました!!待っていましたか(笑)

さて、〇〇さんの今年ですが、昨年の決めたこと(何かは知りませんが)が着実に発展するようになります。早まらないでください。まだ花も咲いていなし、実もつきませんよ。

発芽して、分けつ(!?だっけ)していくサイクルの時期です。

性格上、どうしても突破力が有り過ぎ、ブレーキがかからないところがあるので、今年は体調面に気を遣ってください。何事も自分でやり込みすぎるので、人に任せる、人を育てることも意識しましょう。

メンタル面はともかく、体調面はオンオフ、リフレッシュ、休養を意識することが大事です。来年は花が咲く12年に一度も超モテ期がきますので、それに備えて、草取りや施肥に力をいれるイメージです。

そうして万全な状態で来年を迎えれば、大輪が咲くでしょう。
そのためにも、今年はエネルギーを蓄えておきましょう。

特に2月、4月、8月、9月、10月はゆる~くね!!
人にイラつかないように。自分の思い通りにならないのが、『人間関係』というものですので。

上差し上差し

この方の
①性格・気質は『合理的な熱血漢(女子ですが)』で、真っ直ぐに、正直にごまかしや衒いもなく、行動力に任せて突き進むタイプです。

対人的にも幅広く、分け隔てなく交流できますが、ややもすると柔軟性に欠けるところもあります。

②バイオリズム・ライフサイクルは今年は『健康・体調』面を気をつける年回りとなっています。
特に、昨年にいろんなことのレール敷きが出来たので、勢い余って、ついつい無理をしがちです。
なので、体調面のリフレッシュは心掛けたいところです。

③潜在能力・顕在能力は、人に対して指導性、リーダーシップ性が、元々、生まれ持って高いタイプでした。現在、経営に携われているので、部下や従業員に対して、どう立ち居振る舞いをとるかが大事です。何でも自分で乗り切る、やり切る能力も高いので、なおのこと、人に任せるというところにも心を配る必要があります。



私も知りたいって方はこちらからどうぞ下差し下差し
無料分析診断サイトを趣味でやっています。


私にとっての社会貢献活動ですかねウインク

ただし、隙間時間で対応しておりますので、焦らずにお待ちくださいませ。至急の案件の場合は、その旨、お書き添えください。

『なるはや』対応しますグラサン

蕎麦屋のカレー…

どういう訳だが、人気ありますね。




日本そば、にあらず、沖縄そばにもあるぞ‼️と。


那覇空港を旅立つ前のサヨナラそば&カレー


もしくは、中味そば、とか八重山そば、とかあひます。

知り合いの中国人に沖縄そばを振る舞った。


沖縄そばには、島唐辛子を泡盛でつけこんだ液体『こーれーぐす』が定番。


しかし、終盤になるにつけ、辛さが物足りないらしく、しまいにはタコライス用のタバスコを入れよった。



偏差値40未満「Fラン」から逆転就活のレバレッジ大学は? 難関ブランド大が“安泰”とはいえない実態(All About) - Yahoo!ニュース特定の大学にこだわらなければ統計上は誰でも入れる「全入時代」という言葉が生まれたのは2009年頃です。全入時代のおつりも使い果たし、さらなる少子化で「潰れる学校」も取り沙汰される昨今の大学業界。そのリンクnews.yahoo.co.jp


7/26のYahooニュースで配信されています。

コメントありがとうございます。





https://news.yahoo.co.jp/articles/b223ecc6ba961c87327b7b1ff2805ef38036ba44

アップアップアップリンク切れました



ダウンダウンダウンこちらからどうぞ




↓記事の主な内容です。

◆「全入時代」「少子化」の中、生き残りをかけた学校経営


◆バカでも入れる? Fランク大学の入試は「落ちない」が基本


◆就職率を紐解くと、難関ブランド大学が“安泰”というわけでもない


◆資格取得、零細企業への就職……入学後の面倒見が良いFラン「レバレッジ大学」


◆親世代とは違う「ミレニアル世代」「Z世代」の就労観、本当の勝ち組は?