バンコク4日目

image

今回の目的のひとつであるGIAとAIGSの学校訪問

GIAをご存知の方も多いと思いますが、GIAとは米国宝石学協会 ( Gemological Institute of    America ) の略です。

GIAが認定してしている資格(宝石鑑定士)を取るには、GIAの学校へ通わなければなりません。

私の若い頃は、日本人の多くはカリフォルニアで勉強をして資格を取りました。その後、日本にもキャンパスができましたが、残念なことに撤退してしまいました。

現在は、カリフォルニア、ニューヨーク、ロンドン、アジアでは、ムンバイ、台北、香港、そしてバンコクにあります。

image

 

image

学校の中を案内していただきました。

授業も見せていただきました。もちろん英語の授業です。

生徒は欧米系、アジア系、アラブ系・・・インターナショナルです。

image

次に訪れたのは、AIGSの学校です。

Asian Institute of Gemological Sciencesの略のAIGSは、タイの宝石鑑別機関では歴史も古く、最も有名な鑑別機関です。

タイはもちろん、周辺国もルビーを始めとする宝石の産地国です。昔から宝石のトレードが盛んな地で、世界中の宝石がタイに集まってきます。

AIGSはカラーストーンの鑑別に強く、カラーストーンを勉強するのならGIAよりAIGSの方が良いとも言われています。

実は・・・父の長年の取引先の会社が経営している宝石学校です。

チャニダさんのかつてのボスの学校でもあります。

image

AIGSの教室

石の真偽ばかりでなく、産地や微妙な色合いを鑑別するのですから、勉強も大変でしょうね。

image

チャニダさんの会社はAIGSと同じビルにあるので、学校訪問の後に寄りました。

チャニダさんがいきなり娘にテスト!!

「どれが良い石か?トップの石だけをこの箱に入れなさい!!」

沢山あるルースの中からトップクラスの石だけを選ぶテストです。娘は、ふぅふぅしながら一時間かけて宝石を選びました。

この道50年のチャニダ社長のテストには何とか合格をいただきましたニヤリ

まずは、良い石を選ぶ目を養うこと。値段はまだ考えずに、良いものがどれかを選ぶのが肝心だと教わっていました。

確かに、そうですね。良い石を選ぶ目がないと素晴らしいジュエリーに仕上がりませんものね。

image

最後の夜は、マンダリンオリエンタルホテルのイタリアンレストランへ・・・image

タイは今は乾季なので、寒くもなく暑くもなく、ちょうど良い季節です。

image

ディナーの後、ホテルの向こう岸のショッピングセンターへ船で行きました。

image

閉店間際でしたが、中国人の観光客がぞろぞろと入っていきます。

ゼロコロナから解放されて、ほとんどの人がマスクしていません~。

(タイ人は日本人と同じくマスク率高いです)

image

キンキンキラキラですキラキラアラブのスークみたいキラキラキラキラimage

遅い時間だったので、オリエンタルホテルに戻る船は既になく、普通の船に乗って帰ってきました。

imageimage

キラキラの世界からバンコクの普通の世界へ戻ってきました。

image

4泊5日の慌ただしいバンコク滞在でしたが、楽しかったです。

5月にまた行く予定ですラブラブ

 

 

今年もクリックをお願いいたします心

こちらもお願いいたしますラブラブ

 

商品・リフォーム&オーダーに関する
お問合せは

           下のフォームから、お願いいたします。

 

お問合せ等はこちらのメールからお願いいたします
info@sachi-gioielli.net