パヨクの偽善と24時間テレビ | ドアを開けろ

ドアを開けろ

日本で一番ロックなFPが書くブログ。ロックにマネーマーケットを語ります。どうぞお付き合いくださいな!

嫌韓・保守です。左巻きリベラル左翼パヨクはお断り!!


テーマ:
やらない善よりやる偽善と言うがホンマにそうなのか?

昔読んだ紀行物で、日本人の車椅子の青年が独りでドイツを旅行出来るか?と挑戦したエッセイを読んだ。

独りでバスや電車に乗って独りで宿泊してご飯を食べるのも独りで完結出来るか?

結果は、独りでも何の不自由も無かった、と言ってた。

電車の乗り降りでも何をする時でも、誰かがさりげなく手助けしてくれて、ごく普通に接してくれると。

それを読んで、日本でも助けるとか助けられるとか肩肘張らずに助け合いが出来たらええのに!と思っていた。

さて、24時間テレビなるものを見なくなって久しい。

何年か前に、放送が終わった次の日、ある総合病院の近くで声を失くした。

病院に通じる点字ブロックを塞ぐように自転車が停めてある。

しかも1台や2台ではないのだ!!

24時間テレビでも、障害者の困った点や人手が必要なケース等を紹介して対処法を教えてくれたらそれはそれで意義ある番組と思うが・・・

病院の玄関口に向かう点字ブロックの上に普通自転車を停めるか??

誰が停めたのか知らないが、停めた人の中には、徳光さんと一緒に涙と鼻水を流した人もいるかも知れない。そうなると、一体何の為のチャリティー番組なのか?疑問に思う。

さて、今年も無事に偽善番組が終わったようだが、保守系の人の投稿で

「こんな番組なんか観るもんか!」との投稿が多かった。

(もっともパヨク系とはお付き合いがないので知らないし知りたくもないが・・)

保守系で、この番組を毛嫌いする人が多いのはどんな理由だろうか?と考えてみた。

それは、パヨクの善人ぶった偽善を嫌悪する気持ちがあるのではないか?と思うのだ。

パヨクの偽善って、今に始まったことではない。

新しいところでは「LGBT」への偽善に障害者への偽善。

小さい子供や猫まで利用する偽善もあるが、何れも「私達はあなた方の味方ですよ」と近づいて政治利用するだけ。

利用価値がなくなったらさっさと捨てるのがパヨクの特徴でもある。

「地獄への道は善意で敷き詰められている」と言うが「偽善で敷き詰められている」の方が正しいのではないか!

パヨクの薄汚い偽善に気が付いた保守系がこの番組を嫌うのはそこら辺にあるような気がする。



銀蔵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ