広島ブログ←ポチするの巻
毎日パヨクの悪口ばかり書いていても面白くないので今日はイラスト展のお話。


いつも広島ブログで仲良くして下さっているmacoさんがイラスト展を開いていると聴いて行って来た。




片手に読みかけの本を携えバスに揺られてしばし。

バスに乗って本を読む時間ってメッチャ幸せを感じる瞬間である。

この本、明智光秀の生涯を描いているのだが、最初の登場人物は愚息と新九郎の物語が続く。

途中、足利義輝が三好松永勢に滅ぼされて日本が大混乱に陥ったシーンが、今の政界再編に似ている気がした。

光秀の定理とあるが、学の無いオレなんか定理といえば、ピタゴラスの定理くらいしか知らなかった。

まさか光秀に定理があるとは思いもしなかった。

さて、イラスト展が開かれている観音台公民館を目指す。

macoさんのイラストは実に優しいタッチで味わいがある。


macoさんのブログはこちらhttp://yaplog.jp/maco-gokigenn/

公民館の一階ロビーに着くとかわええイラストがお出迎え。



おっと!!これはバンビ画伯の七福神




macoさんはこんな感じの方


カープ選手のイラストもある。


いつも思うのだが、こんな絵やイラストを描ける人って凄いな!!と思う。

オレが描いた絵なんか、とても観られた代物ではない。

子供の頃からお絵かきと言えば車の絵だったが、

カウンタックを描いてもフェラーリBBを描いても全てがマツダのポーターキャブにしか描けなかった。

これは生まれもってのセンスと言うものか・・きっと脳から出る信号がオレら凡人とは違うのだと思う。

勿論センスだけでなく、勉強や訓練してこそ自分のスタイルが確立出来ると思うが、オレが訓練して勉強してもこんな風にイラストを描けるようになるとは思えないのだ!!

「藝術の秋」などとこじつけるつもりは無いが、macoさんのイラスト展はお勧めですぞ!!

絵心の無いオレが言うのだから間違いないのだ!!

AD

コメント(4)