銀座スタジアム大会ルール

 原則的にフットサル公式ルール(新ルール)に基づいて行う。


ローカルルール&間違いやすいファウル

   

 ファウル

▼スライディングタックルは禁止(シュートブロック・パスカット等、人に向かっていなければOK)

ただし結果的に人に当たる等、レフリーの判断によってはファウルとなる場合もある。

女性プレーヤーへの直接FKに値するファウルは、すべてPK

直接フリーキックに値するファウルは、1つめのファウルから第2PK(仮想ラインより後方の場合は壁なしのFK選択可)

↓の画像参照




※ハンドリングについては「ボールが手に当たった」だけではファウルをとらない場合があります。「故意にボールを手で扱ったとレフリーが判断した」場合はファウルとなります。



 キックオフ

▼前方に押し出した時にプレーが開始されるので、最初のタッチでいきなり後ろに下げるパスする事は出来ない。

▼キックオフ後、センターサークルからボールを出すまではシュート禁止(安全上の観点から)。




 キックイン

▼ボールの位置はラインの外側25cm以内にボールがかかっていること。

▼ボールの状態は上記の位置に手で静止させる(足でセットした場合は2度蹴りとみなし、相手ボールのキックインでリスタート)。

▼キックの際の軸足の位置は、ラインを完全に越えないようにラインを踏むか、コートの外側に置く。

▼相手側選手は、キックインのポイントから5m以上離れなければならない(意図的な違反はイエローカードの対象となる)。




4秒ルール

▼キックオフ、フリーキック、コーナーキック、キックイン、ゴールクリアランス、PK、第2PKレフリーがプレーを開始できると判断してから4秒以内に行わなければならない。

▼キーパーは、手か足かには関わらず、自陣内で4秒以上ボールを保持する事は出来ない(相手の間接FKからリスタート)。

▼キックインやFKなどのリスタートの際は、相手側のプレイヤーが所定の位置(ボールから5mなど)まで離れていないとレフリーが判断した場合はカウントを始めない。




■ バックパス

1度キーパーがプレーしたボールは以下の状態になるまで、キーパーは手でも足でもボールに触れる事が出来ない。

・相手プレイヤーがボールに触れる。

・コートの外にボールが出る。(アウトオブプレーになる)

・キーパーが相手陣地内に入っている。



選手交代

交代は必ず自チームベンチ前の交代エリアの中で行う。

▼ピッチ内でプレー中の選手が完全にコート外に出てから、外の選手が入る。(順番を誤ると、新たに入った選手がイエローカードの対象)

ピッチ内でキーパーとフィールドプレイヤーの交代はできない。

ピッチ内のプレイヤーとキーパーが交代する場合は、両者が一度交代エリアからピッチの外に出て、ユニフォーム(ビブス)を交換してから再度ピッチに戻る必要がある。ピッチ内で交代を行った場合はイエローカードの対象となる。

例外的に、失点後キックオフまでの間にレフリーに申告すれば交代の時間を作ることは可能。その場合はピッチ内で交代する事が出来る。




 その他

▼すね当てとストッキングの着用は義務付けられており、正しく装着されていなければ試合には出られない。

すね当てはストッキングの中に入れる、ストッキングは膝下までは上げる。

▼アクセサリー(メガネ、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等)は全て外す必要がある。ゴムなどの髪留めはOK

また、フード付きのウェアやネックウォーマーなどの、首周りで相手選手の手などがひっかかる可能性のある物は着用出来ない。

▼天井のネットにボールが当たった場合、当たった場所のサイドから相手チームのキックインでリスタート。

▼暴言・挑発行為は禁止する。レフリーに注意されたにも関わらず続いた場合は、警告及び退場となる。



▼エンジョイ大会の場合は、ピッチ上に女性FPが2名以上で6人プレー可能(女性GKは不可)。

 

女性プレーヤーのゴールは、2点となる。

 

以上のとおりとなります。 

大会を楽しむためにも、ルールを覚えて大会に出場しましょう!

 


 

最終ルール更新日:2018年 5月14日