本日は久しぶりに、螺鈿金蒔絵のべっ甲かんざしのご紹介です。可愛らしいうさぎが満開の桜のもとで春の訪れを楽しんでいる様子を描いたかんざしです。

 

 

古くから私のブログをご覧くださっている方は、もしかしたらこの図案に見覚えがあるかと思います(すべて完売)。しかし今回ご紹介するこの兎と桜のかんざしは、全体の蒔絵の構図は似ておりますが、かんざし本体の大きさや形状が異なる、初めてご紹介するものになります。

 

 

それでは黒べっ甲の上に金蒔絵と螺鈿によって見事に描かれた、美しく咲き誇るピンク色の桜の花、きらきらと輝きながら舞う花びら。そして兎たちの細やかな表情や躍動感、優しい毛並みなどにもご注目してご覧になってください。

 

 







 

 

満開の桜と春の訪れを愉しむ兎たち|黒べっ甲桜兎螺鈿金蒔絵かんざし|準礼装用のべっ甲かんざし。ブログ2017年02月15日号 【完売】

 

 

べっ甲かんざしのご紹介 べっ甲「桜」螺鈿金蒔絵かんざし、べっ甲「桜/兎」金蒔絵かんざしブログ2012年04月02日号 【完売】

 

 

 




















美しいピンク色の桜の花びら、そして緑色の葉も本漆に24金と顔料を加えて蒔絵された(描かれた)ものです。ひらひらと舞う花びらは螺鈿、漆を塗った上に貝を置き研ぎだして、さらに輪郭を蒔絵で描いています。高蒔絵(厚く盛って描く蒔絵技法のひとつ)で描かれたうさぎ、ふっくらとした輪郭が細かな毛並みと一緒に見事に表現されています。

 





















・黒べっ甲桜兎螺鈿金蒔絵かんざし【abkbf190316-1】 ¥119,000+税 

(螺鈿金蒔絵:大岡緑/大きさ:約縦118㎜、横62㎜、厚み4㎜~2㎜)

 

 

 

桜雪月花月兎のかんざし|世界でたった一本の加賀蒔絵かんざし|楓漆塗雪月花月兎螺鈿金蒔絵かんざしブログ2015年03月03日号

 

 

普段使いの可愛らしいべっ甲かんざし|柳に蛙、兎と亀、俵に鼠の意匠。螺鈿金蒔絵のべっ甲かんざし。ブログ2017年10月14日号

 

 














































・黒べっ甲桜二兎螺鈿金蒔絵かんざし【abkbf190316-2】 ¥150,000+税

(螺鈿金蒔絵:大岡緑/大きさ:約縦138㎜、横82㎜、厚み5㎜~4㎜)

 






 

 

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋 お問い合わせフォーム