べっ甲象牙螺鈿金蒔絵玉かんざし|花唐草文様、宝相華文様、普段のキモノにおすすめな本物志向の玉簪。 | べっ甲かんざし・髪飾り・和装小物の専門店|銀座かなめ屋・三代目のブログ
2018年07月28日

べっ甲象牙螺鈿金蒔絵玉かんざし|花唐草文様、宝相華文様、普段のキモノにおすすめな本物志向の玉簪。

テーマ:├◆べっ甲玉簪・一本挿し

べっ甲象牙金蒔絵玉かんざしシリーズ、今年1月に第一弾(夫婦鶴と無病息災)、間が空いて5月に第二弾(柳に蛙)とご紹介し、その後も順次ご紹介しますと申し上げたにもかかわらず滞ってしまいましたね。本日は遅ればせながらその第三弾をご紹介させて頂きます。

 

今までの意匠とは異なり、花唐草模様宝相華文様のような抽象的な図案になります。蒔絵は同じく加賀蒔絵の名蒔絵師、高田光貴さんの手によるものす。

 

なお、以前にも何度かご説明申し上げました通り、かんざしの種類の中で、”玉かんざし”は、正装ではなく”洒落もの”、小紋や紬などの普段のキモノにお勧めなかんざしになります。

 

ただし、芸者(玄人)、花柳界では第一礼装の黒留袖に、夏は翡翠玉、それ以外は珊瑚玉を用いた玉かんざしを白べっ甲の櫛銀製の前挿しなどとともに”正装”として挿します。

 

ですから、一般の方(素人)が留袖や準礼装のお着物で、正式な場(正装用)に無暗に玉かんざしをお挿しになると、少しおかしなことになりかねませんのでお気を付けください。


 











落ち着いた中にも綺麗な色合いの蒔絵。それぞれ本漆と純金(24K)に顔料を調合した本格的な金蒔絵で描かれています。ですから、この美しい色合いはほぼ半永久的に色褪せることは御座いません。またご覧になる角度、光の当たり具合により色合いや輝きが美しく変化致します。

 

近年、こうした日本の素晴らしい伝統技術を持った職人が、次第に現場を離れ廃業、強いてはその技を後世に伝えることなく絶えてしまうことを目にする機会が多くなり、悲しい限りです。

 










































・べっ甲象牙花唐草文様螺鈿金蒔絵玉かんざし【abkbc180728-1】¥98,000+税 

(金蒔絵:高田光貴/長さ:約170㎜、象牙玉直径:約20㎜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










































・べっ甲象牙宝相華文様螺鈿金蒔絵玉かんざし【abkbc180728-2】¥98,000+税

(金蒔絵:高田光貴/長さ:約170㎜、象牙玉直径:約20㎜)

 









 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋 お問い合わせフォーム

 

銀座かなめ屋・三代目さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス