本日は美術館に収蔵されていても決しておかしくない、大変見事なべっ甲かんざしをご紹介させて頂きます。

 










 

現代ではほとんど目にすることが無くなってしまった、白べっ甲花嫁用簪一揃え。神前式の厳かな結婚式で、白無垢姿の花嫁が綿帽子を被り、その時に髪に挿しているかんざしです。通常立体的で吉祥に纏わる華やかな装飾を施した《》、《》、《対の前挿し》の4点で一揃えになります(これに《対の後ろ挿し》が加わり6点の場合も御座います)。今では辛うじて、合成樹脂製のものを見掛けますが、べっ甲製のホンモノはネット上でも滅多に目にすることはありません。

 

 

いつもお話ししているように、時代、価値観の変化に伴い、需要と供給のバランスも変化していき、残念ながら失われようとしている日本の素晴らしい伝統工芸技術)の一つではないでしょうか。今から十数年前に一度、べっ甲製品の制作に携わる方にお聞きしたことがあります。

 

 

今、白べっ甲で同様の花嫁用かんざし一揃えを製作することは可能でしょうか?またもし可能だとしたら費用は幾らぐらいになりますか?

 













 

そうしたら確かこのようなご返事でした。

『製作してみないと分かりませんが、今だったらギリギリ可能かもしれません。昔に同様のかんざしの製作に携わったべっ甲職人が今でしたら少なからずともおります。ただし、あまりに繊細な装飾はもう難しいでしょう。費用に関しては実際に材料を集めて制作し始めてみないと分かりませんが、ざっくり500万円以上。日数は少なくとも1年は掛かります。』とのご返答でした。

 

 

昔から、花嫁用の鼈甲かんざし一揃えの価値を例えるのによく、《蔵がひとつ建つ》と言われています。そのことから、貴族やごく一部の上流階級などのお家だけがホンモノ(べっ甲製)の花嫁用かんざし一揃えを挿すことが出来たと言われています。当然、一般庶民には到底手の届かぬ品物でした。

 

 

ちょっとご裕福なお家でもべっ甲にはなかなか手が出せず、べっ甲を模したは、牛甲(牛の爪)製のものや、一般庶民の方は、セルロイドベイクライトなどの樹脂製(今でいうプラスチック)のかんざしを用いられてきました。今ネット上でご覧になれるものの多くは、そうした樹脂製のものがほとんどです。

 

 

しかし、何とかこの素晴らしい日本の伝統工芸の技術を現代に蘇らせることが出来ないか?!

 

 

そうして完成したのが、本日ご紹介致しますべっ甲かんざしです。土台に現代でも制作されているU字型のべっ甲かんざしを使用し、その上に花嫁用かんざしや昔の立体的な前挿しなどの制作技法を再現。花びら、蕾、葉、茎など細かなパーツを一つ一つ丁寧に製作し、熱により組み合わせ、曲げながら形作り、素晴らしい牡丹の花を咲かせました。

 

 

それではどうぞご覧ください。

 

 
























ご覧ください、この見事な牡丹の花。製作して下さったのは今や日本でただ一人、べっ甲を専門とする彫刻師、喜山(藤田誠)さんです。先ほどお話しした、過去に同様のかんざしの制作に携わった数少ないベテランのべっ甲職人のお一人です。何度となく弊社のホームページやこのブログで、氏の手掛けられたかんざしをご紹介してきましたね。

 

 

喜山さんは言います。遠い昔の記憶を頼りに、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、そして徐々に昔の技を手に思い出させながらこのかんざしを製作しました。そしてとても楽しかったと

 

 

もう二度とこのようなかんざしは作らない(作れない)と思っていたので、当時まだべっ甲業界が華やかだったころ、そしてひとりのべっ甲職人として日々腕に磨きをかけていたころを思い出しながら、苦心しながらも、とても楽しく製作できたと聞きます。きっとべっ甲職人冥利に尽きるのかもしれませんね。いつになるか分かりませんが、次回作も期待です。

 






ちょうど上のお写真でお分かり頂けますでしょうか。

土台となるU字型のかんざしに、べっ甲で一本芯立てをしてあります。そこに先に製作してあった茎や葉、花弁などのパーツを重ね、立体的な絵に仕上げていきます。

 

よくご覧頂ければお分かりになると思いますが、葉や花弁一枚一枚細かなパーツに分けて制作したものを、べっ甲本来の制作技法である《水》と《熱》により曲げながら《圧着》して形作っています。まさにべっ甲職人のセンス、技、腕の見せ所です。









































































・白べっ甲牡丹飾りかんざし【abkbf190213-1】¥880,000+税

(本体大きさ:縦約185㎜、横75㎜、高さ46㎜、厚み5㎜~1㎜/装飾含む全長)

(装飾大きさ:縦約85㎜、横75㎜、高さ41㎜、厚み3㎜~1㎜)

(喜山(藤田誠)作)

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋 お問い合わせフォーム