昨日も今日も比較的静かな銀座8丁目界隈です。特に夜は静かですねぇ。
それでも日中はWEBをご覧になられた一般のお客様のご来店や、メールでのお問い合わせは毎日のようにあります。それから余談になりますが、外国人観光客のお客様もここ最近、以前にも増してまた多くなったように感じられます。ちょっとした和装小物雑貨をお買い上げ頂くことが多いのですが、髪飾りや、最近は時期的にお扇子をお求めになる海外のお客様も多くなりました。

お扇子も紳士用、婦人用続々と新作が入荷しているのですが、今日も引き続き、溜まりに溜まったネタの中から、2ついっぺんにアップさせて頂きます。
過日このブログツイッターフェイスブックでチョコット宣伝させて頂いた秋月洋子さんが参加されている「亀甲展」と、石田節子さんの「着物スタイリスト四人展」の模様を。

第45回【亀甲展】のご案内。~上野の森の美術館~』ブログ2014年03月07日号
きものスタイリスト四人展。石田節子さん、秋月洋子さん、杉山優子さん、斉藤房江さん。』ブログ2014年01月20日号

 

 

 


 

 

 

 

 



















【龜甲会】
文字の根源に根差した創造」:古代文字を書表現の原点としています。生命と心を表出した古代文字を通して、制作者内面の世界を独自の技法を駆使し、墨線で表現しています。単に古代文字の字面を蘇生させているのではありません

新世紀の書活動」:新世紀は個々人の人生観・世界観・歴史観が必要とされています。
私共会員は一人一人これらの視座にたち自らの「生」を燃焼させるべく、新しい芸術活動と思索に取り組んでいます。常に時代を読み「書」による精神文化の向上に寄与したいと願いっています。

亀甲会ホームページより)

とあります。

毎度お世話になっている着物スタイリストの秋月洋子さんが、こちらの会員で、以前よりこの面白そうな(興味深い)会の事は知っていたのですが、やっと観に行くことが出来ました。










「文字」と言うか、「画」と言うか、面白いでしょう。数え切れないほど沢山の作品の中から、私があくまで個人的に興味を持った作品をざざざっと、簡単では御座いますがご紹介させて頂きます。
それぞれの作品の横に小さく「作者名」、「タイトル」、「説明」が記されているのですが、それらはあえて小さな画像で張り付けてあります。クリックすれば大きくなりますが、まずはそれを読まずに、何と書いてあるか想像しながら、楽しみながらご覧になって見て下さい。


まずは秋月さんの作品その1からどうぞ。













 

 



 

 

















そして次は、秋月さんの作品その2。大作です。なんて書いてあるか想像できますか?!










面白いですよねぇ。

右から、
く、がる、まる、もときた道をる、る、る、る、・・・きままに歩く()。




















そして最後はこの亀甲会の代表、加藤光峰さんの作品です。











如何でしたでしょうか?
一見誰でも書けそう?何て思われるかもしれませんが、「基本」が出来てこ・そ・の、この「書」なのでしょうね。
私は決して字がきれいな方ではありませんが、それでも一応小学校の時はお習字教室に通っていたものです。今ではどうなのかなぁ?学習塾等に押されて、そろばんと一緒に少なくなってしまったのではないでしょうか?

この亀甲展、ちょうど今(日曜日迄ですが)京都で開催中です。ご興味を持たれた方、お近くの方は是非御覧になって見て下さい。
・『亀甲会京都展
・場所:
京都府立文化芸術会館
 〒602-0858 京都市上京区河原町通広小路下ル
・期日:4/29(火)~5/4(日)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

さてここからは、1月に(汗)「きものスタイリスト四人展」の模様を・・・。

 

 

 

 






左から、石田節子(先生)さん、秋月洋子さん、杉山優子さん、斉藤房江さん。
それぞれの着物スタイリストの皆さんが、趣を凝らした着物や帯、小物を制作されたり、
独創的で、趣を凝らした着物の着こなし、スタイリングを提案した催しものです。
トークショーもあったりと、とても和気あいあいなイベントでした。

 

 



おっと、亀甲展からの続きで、モノトーンにしてしまいましたが(笑)、ここからは色を挿していきましょう。

 

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 



石田先生を挟んで、秋月さんとスリーショット。
秋月さんは、洋装も和装も似合うんですよねぇ。きっとどちらも着こなし術を熟知しているからなんでしょうね。


石田節子さんのフェイスブック


秋月洋子さんのフェイスブック
 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム