先日ご紹介した(’11.2/22号参照 )、かなめ屋のお隣、「月光荘」で催されている備前焼の紫峰窯』 ・加藤光治さんの作陶展に昨日のオープニングパーティに続き、今日も行ってきました。行ってきましたと言っても、お隣なのですぐですが・・・。 今回も味のあるいい備前焼の器をゲットしてきましたアップ

    ■-----------------------------■

      カメ銀座かなめ屋のブログアメーバにお越し頂き有り難う御座いますアップ

                 銀座かなめ屋のHPはこちらから カメ

              べっ甲豆知識①~⑩はこちらから カメ

                   ▼よくある質問「Q&A」はこちらから カメ
                   ▼各種お問合せはこちらからどうぞ カメ

    ■-----------------------------■


銀座かなめ屋・三代目のブログ-加藤光治・作陶展


銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

これら、活けられているお花黄色い花は、加藤さんの奥さま、お嬢さまが茨城県の筑波山の麓の工房近くで、実際に摘まれてきたものだそうです。虫食いがあったり、香りも鋭かったり、備前焼きにはふさわしい野性味たっぷりの草木です。


銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

昨年のブログ にも書きましたが、備前焼とは、六古窯といわれている「瀬戸」、「常滑」、「丹波」、「越前」、「信楽」、「備前」の中で、最も歴史が古いとされています。

平安時代から鎌倉時代にかけて、その原型を整え、室町時代の茶道の文化の発展とともに世の中に広まったとされています。いわゆる茶道の「侘び」「寂び」の境地に通じる無釉の素肌、素朴な味わいが特徴です。

また、備前焼は釉薬(うわぐすり)などの薬剤を一切使わず、『土』と『炎』からのみ生み出されます。

窯に置いた場所や中に積もった灰や藁(わら)などによって微妙な焼き目が出ます。窯の高温に近いところに置けば表面の土や灰が熔け、ガラスのような光沢が生まれます。窯の下の方や薪の近くに置けば積もった灰が表面に付き、これまた絶妙な風合いを生み出します。


銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

でもって、花器や食器もいいのですが、やっぱり私に語りかけてくれるのは・・・、

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯


                 酒お酒器ですビックリマーク(笑)


銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯
銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯

銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯 銀座かなめ屋・三代目のブログ-備前焼の紫峰窯



今回は、今まで私が持っている備前とはちょっと違った雰囲気の、性格の濃い酒器(ぐい呑)を2つ頂きました音譜

この加藤さんの作陶展は、今度の日曜日、6日まで開かれています。ぜひ、紫峰窯・加藤光治さん の『土モグラ』と『炎メラメラ』の芸術ドンッ“備前焼”をご覧になって見てくださいビックリマーク


                         紫峰窯

                 <加藤光治 作陶展>

               2011年2月28日(月)~6日(日)

               11:00~19:00(6日は16:00迄)



読者登録してね