2018年02月19日

■べっ甲百合、乱菊金蒔絵かんざし|訪問着など準礼装のおキモノにおすすめな美しい花モチーフの簪2種

テーマ:├★べっ甲簪 (金蒔絵/螺鈿)

日本人選手たちの活躍が光る平昌オリンピックもいよいよ終盤。今回は時差が無いことから深夜ついつい夜更かしして、翌日目を赤くしてボーっと出社することなんてありませんね。メダル獲得数もちょうど20年前の長野五輪の最多獲得数に並ぶ勢いに一喜一憂の毎日です。

 

スキージャンプの葛西選手のような超ベテラン選手の出場、活躍(メダル関係なくなんかホッとする、本日の団体戦も頑張ってください!)も然ることながら、スノーボード平野選手や、フィギュアスケートの羽生選手(金メダルおめでとう御座います。魅せられました!)、宇野選手(銀メダルおめでとう御座います!)のような若手の方たちが素晴らしい結果を出していることもとても嬉しいですね。個人的には4年前にも書いたと思いますが、女子のカーリングでも、何とかメダルを獲得してほしいところです。

 

何にでも言えることかもしれませんが、若い人たちが活躍すれば、またそれに憧れ、夢と希望をもって、次(未来)へと繋がる、またさらに若い人たちも増えることでしょう。だけど、周りの協力も不可欠ですが、ほんの一瞬で最高の結果を出すということは、スピードスケート小平選手(念願の金メダルおめでとう御座います!)然り、みんなここに来るまでには人一倍強靭な信念を持ち続け、想像のできないほどの苦しい努力をされてきたことと思います。しかし、そうやってきたからといって、必ずしも全ての方が思うような結果が出せるものでもありませんが、不本意な結果に終わったとしても、引き続き強い信念を持ち続け、次のチャンスを目指して頑張って頂きたいと思います。

 

毎日コツコツ、日々精進、継続は力なり、私も頑張りましょう!

 

さて、本日は今年1月に初めてご紹介しました蒔絵師「泉元紫紅(しこう)」さんの素晴らしい金蒔絵のべっ甲かんざしを2種ご紹介させて頂きます。「百合」と「乱菊」、2種とも花をモチーフにした金蒔絵のべっ甲かんざしです。訪問着など準礼装のおキモノに、お立場やTPOに応じ、結婚披露宴華やかな式典パーティーなどにもお勧めです。使用する金(24K)の種類によって、色合いや輝きの具合が変化していますので、そのあたりにもご注目なさってご覧ください。

 

 










 

 

 

 

百合は、春、初夏から秋ごろに掛けて咲きますが、種類はなんと100種類ぐらいはあるそうです。そしてそれぞれに開花時期や花言葉も違うようです。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

(シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚)。

女性の美しさを表現する言葉は有名ですね。

一般に百合の花言葉は、「威厳純潔無垢」などと言われていますが、「貴重な稀少」と言う意味もあるそうです。

 

 

 

 

 

   

 

 

先ずは百合のべっ甲かんざしから。








青緑色に輝く百合の蕾は螺鈿になります。光の加減により美しく輝きます。















こちらの写真が分かりやすいでしょうか。百合の花色合いが異なります。同じく、本漆に純金を使用した金蒔絵になりますが、金の種類や粒子にを変えることにより、輝く色合いが異なって見え、使い方によってはこのように陰影、奥行き感を醸し出すことが出来ます。ある意味、蒔絵師の腕の見せ所ですね。































・べっ甲百合螺鈿金蒔絵かんざし【abkbf180219-1】¥153,000+税
(蒔絵:泉元紫紅/大きさ:約縦125㎜、横79㎜、厚み3㎜)

 

 






次に乱菊のかんざし。















こちらも先ほどの通り、乱菊の花びらと葉の色合いが異なるよう、違った種類の純金を使用して描かれています。また花びらの一枚一枚が高蒔絵によって生き生きと、そして本物の乱菊の花びらのように肉厚で立体的に表現されています。

 

ところどころ茶褐色に見えるところは、ライトの当たり具合によりべっ甲の天然模様(布/ふ)が透けて見えているためです。







 

 

 

 

 
























・べっ甲乱菊金蒔絵かんざし【abkbf180219-2】¥153,000+税

(蒔絵:泉元紫紅/大きさ:約縦123㎜、横79㎜、厚み3㎜)

 




 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

 

 

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋 お問い合わせフォーム

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。