2016年07月25日

■あしべ織汗取|燈芯あしべ織汗取り和装肌着(紳士、婦人用)|夏の和装、汗かきな方におすすめです。

テーマ:▶【帯締め・肌着・他和装小物】

今日はちょっとレア夏にお勧めな高級和装肌着をご紹介させて頂きます。

以前よりご婦人用のみですが、かなめ屋でもお取り扱いしておりましたが、正直、肌着で価格が1万円台と高額なこともあり、年間を通してもそれほどたくさん売れるものではありませんでした。ただ、一度この「あしべ」を着られた方は、その優れた着心地吸汗性惚れ込み手放せなくなる方が多くいらっしゃるのも事実です。ちなみに、私もその一人になりました。

 

昨年の秋、色紋付き袴姿で、ある邦楽の舞台に立つ機会があったのですが、舞台照明と、観客の熱気、そして何よりも緊張(笑)で、汗をたっぷりとかきました。そのお陰で、着ていた肌着、長襦袢から、特に帯周りに溜まった汗が着物や帯にも染み出して生地を痛めてしまい大変な思いをしました。もともと汗っかきの私は袷の時期でも肌着は夏向きの涼し気な肌着(小千谷ちぢみなど)を着ることが多いのですが、この日は全く役に立ちませんでした。

 

そんなことがあって今年の5月、初夏のような晴天の日(笑)に、袷の着物を着て観劇に行く機会がありました。これでは昨秋の二の舞となると思い、取引先の担当者に相談したら、紳士用のあしべも別注で作って取り揃えていますよ!とのこと。早速購入してその日に着ていったら、もうそれはそれは天国!下のお写真でお分かりになるかどうか分かりませんが、見た目防弾チョッキのような肌着なのですが、普段あしべをこよなく愛されているお客様のお話通り、この日はそれをまさに実感出来ました!お陰で終日、とてもとても快適に過ごすことができたのでした。

 

冒頭にもお話ししましたが、和装肌着としては少々高額です。そのためお客様の中には、傷んだ個所やほつれなどを少しずつ直しながら、長年大切に愛用している方もいらっしゃいます。また、夏場(単衣の時期含め)の和装で汗などでお悩みの方は、一度この快適な着心地を体験できれば費用対効果もそれほど気にはならなくなると思うのですが、ちょっと試しに着てみてくださいという価格でもないので、弊社でも余程お困りの方にお勧めする程度でした。

 

 

11IMG_7532

【あしべ織汗取肌着】紳士用(M/L)

 

12IMG_7474_1

【あしべ織汗取肌着】婦人用(M/L/LL)

 

13IMG_7485

 

 

 

燈芯あしべ織汗取とは

天然の藺草(いぐさ)の中心部分を取り出した燈芯(とうしん)を、上質な薄い綿布で包んだものを胴回り脇パッドに使用した高級汗取り和装肌着です。

 

燈芯天然のスポンジとも呼ばれるほど吸水性に富だ天然素材です。かいた汗を瞬時に吸収して、素肌がサラッとしたままベタツキを抑え、汗が着物ににじみ出ることを抑えてくれます。さらに、肌着に吸い込まれた汗が蒸発するときに、放射冷却効果とでも言いましょうか、素肌が涼しくさえ感じます。(※感じ方には個人差があると思いますが、これはあくまで私、三代目が実際に着用した感想です。)

 

肌着自体にある程度の厚みがあるため、汗取りのほか、多少の補正効果もあると思います。夏に限らず、一年中着て頂いても宜しいのではないでしょうか。今のシーズンでしたらお着物のほか、浴衣の下に着て頂いても宜しいと思います。

 

 

 

使用上の注意

洗濯機は使用せず、「手洗い」(揉まずに押し洗い)後、たたんで押し脱水。あとは自然乾燥(つり陰干し)のこと。

水につけておきますと天然繊維の色素が出てくることがありますので、ほかのものとは分けて洗濯をしてください。

 

私の場合は、畳んでネットに入れて洗濯機で、「おしゃれ着モード」で洗い、脱水。その後自然乾燥(つり陰干し)しましたが、色落ちも型崩れもほとんど気になりませんでした。しかし天然素材故、念のため最初の数回くらいはほかのものと分けて洗濯した方がいいかもしれませんね。(あくまで私、三代目の感想です。)

 

 

 

そして、この大変優れたこの汗取り和装肌着、通称あしべ

和装業界の現状を説明するときしばしばお話しすることですが、「需要」と「供給」のバランス(需要減)、後継者問題等々により、今ではたった一社しか制作しているところが無いと聞きます。もう少し需要が増えれば単価(オープン価格)も下がるとは思うのですが現状難しいでしょうね。

 

と、お書きした上であえて、もう一言。

ネット上でこのあしべを検索すると、とても信じられない低価格で売られているのを目にします。あるところは我々小売店が仕入れる価格よりもさらに低価格で販売されています。しかも送料無料?!オープン価格なので極論いくらで販売しても悪いことではありませんが...。価格より優れた機能を説明して、その上で適正価格の範囲内である程度の価格競争をすることはやぶさかではありませんが、度を過ぎた価格設定は如何なものでしょうか

 

その結果全体の販売枚数が増え、製造元にさらなる利益をもたらすのならそれでもいいのかもしれませんが。はたして、この業者が年間どのくらいの量を、どれほど安く仕入れて販売しているのか分かりませんが、私が思うに、恐らく利益はどちらもほとんど出ていないのではないのでしょうか?!ある意味ネット社会の負の部分かもしれませんね。

 

詳しくは書きませんが私が聞いたことによると、随分前より西日本のとある(大卸)業者が大量発注し、その分安く仕入れ、周りの取引先にも低価格で卸しているそうです。それが、近年のインターネット販売の普及により、ネット上に現れ、一般の方でも目にすることができるようになりました。今度はそれを知ったとある東日本の業者が同じように大量注文?して、同じようなことをし始めたようです。

 

なんでこんな優れた商品を考えられない価格で安売りするのでしょうかね。様々な理由があるにせよ、少なくとも和装業界全体にとっては決していいことではないような気がします。

 

 

まずは紳士用から↓

15IMG_7539

 

16IMG_7548

 

17IMG_7541_1

 

18IMG_7557

 

19IMG_7551

 

20IMG_7553

 

この胴回りの薄茶色のところに燈芯がたっぷり入っています。そして汗取り用の脇パッドにも。初めて実物をご覧になる方は大抵、『こんな厚地の防弾チョッキのような肌着で、本当に涼しいの?!』とおっしゃいます。

でも、本当に涼しんです^^

 

22IMG_7554

 

23IMG_7491

 

25IMG_7529

・あしべ織汗取肌着(紳士用)【ab160725-1M】¥20,000+税(※ご注文後のお取り寄せ)

Mサイズ;身巾:約140㎝、身丈:67㎝、袖巾:25㎝、袖丈:22㎝)

 

・あしべ織汗取肌着(紳士用)【ab160725-2L】¥22,000+税

Lサイズ;身巾:約152㎝、身丈:69㎝、袖巾:25㎝、袖丈:22㎝)

 

 

ここから婦人用↓

34IMG_7494

 

35IMG_7507

 

36IMG_7504

 

38IMG_7510

 

39IMG_7518

 

ご婦人用も同じく、胴回り、脇パッド部分に、たっぷり燈芯が入っています。

 

40IMG_7521

 

41IMG_7523

 

42IMG_7522

 

44IMG_7514

裏側↑

 

46IMG_7490

 

47IMG_7473

・あしべ織汗取肌着(婦人用)【ab160725-3M】¥13,000+税

Mサイズ;身巾:約104㎝、身丈:57㎝、袖巾:16㎝、袖丈:21㎝)

 

・あしべ織汗取肌着(婦人用)【ab160725-4L】¥14,500+税(※ご注文後のお取り寄せ)

Lサイズ;身巾:約118㎝、身丈:57㎝、袖巾:16㎝、袖丈:21㎝)

 

・あしべ織汗取肌着(婦人用)【ab160725-5LL】¥15,800+税(※ご注文後のお取り寄せ)

LLサイズ;身巾:約130㎝、身丈:62㎝、袖巾:18㎝、袖丈:22㎝)

 

夏の和装で、汗でお悩みの方は、ぜひ一度お試しになってみてください。本当に涼しく快適に過ごせますよ

 

 

 

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。