2016年01月20日(水)

■普段使いのべっ甲かんざし|唯一無二の天然模様が美しい、茨布べっ甲かんざし。+べっ甲豆知識。

テーマ:├◆【普段使い簪】(小紋・紬等)

今日は一昨日に引き続き、茨布べっ甲を用いたかんざしのご紹介です。唯一無二の天然のべっ甲模様が美しいかんざしです。お出掛けになる場所や機会にもよりますが、小紋附下ぐらいまでのお着物に、お挿し頂ける普段使いのかんざしです。

以前、似たような茨布べっ甲のかんざしをご紹介しました折、茨布(ばらふ)べっ甲についてのご説明もしておりますので、ご興味のある方は合わせてご覧ください。

 

 

▼「普段使いのべっ甲かんざし。唯一無二の天然模様が美しい、茨布べっ甲かんざし。」ブログ2012年10月11日号
http://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20121011.html

 

 

 

 




このブログを書き始めた当初(2009年)にべっ甲について「べっ甲豆知識」と題して10回ほどに渡って書かせて頂きましたが、今日はそこには書いていないべっ甲の豆知識をひとつ。

ご存知の通り、べっ甲はタイマイと言うウミガメの一種の甲羅を材料としています。このタイマイ、主に西インド諸島、カリブ海域周辺からインドネシア、モルディヴなど東南アジア赤道付近の海域に生息していると言われています。また日本関東以南の近海でも生息してことが確認されています。元々カリブ海域に住むタイマイと、東南アジア海域に住むタイマイには見た目の違いがあり、カメの大きさや甲羅の天然の模様色合い違うと言われています。

当初日本がべっ甲の材料として輸入していた先は、東南アジア諸国が多かったようですが、後にキューバを初めとするカリフ海域諸国からの輸入量も次第に増えていったと聞いています。

さて、この違いについて言えば、例えばカリブ海域に生息するタイマイは東南アジアに生息するタイマイに比べ、体長も大きく、ひとつひとつの布(ふ/甲羅の天然の模様)の大きさも比例して大きく、色合いもやや明るい茶褐色のものが多いと言われています。また、白甲の飴色と黒甲の黒色との境目が比較的はっきりしないものが多かったと聞きます。


▼例えば、このような模様

 

 

 


それに対し、東南アジアの海域に住むタイマイは、比較的体長も小柄で、布の大きさ比例して小さいものが多く、また白色と黒色の濃淡がはっきりとしていて境目がよく分かります。ちょうど今回ご紹介させて頂いている唐草彫りのかんざし(上写真左側)や、

▼このような模様

 

 

 


なぜこのような違いがあるのか?生息域の食べ物環境に因るものなのか?はたまた、また別の理由があるのか?タイマイの生態系については、まだよく分からないことが多いようです。そのひとつの理由として、昔こんなことを聞いたことがあります。このタイマイ、一か所の生息域に留まらず、大海原を個体個体それぞれ自由気ままに回遊しているものも多いようです。そのため正確な調査が難しいそうです。さらに、異なる種のウミガメとの交配も昔から確認されていて、最近では、吻端(ふんたん(くちばし)や甲羅の色合いや形状などが、本来のタイマイとは微妙に異なるものも確認されていて、ハーフ、クオーター、ハイブリッドタイマイ?なるものも相当多くなっているのではないかと、業界では聞きます。

まぁ、今回ご説明し申し上げた通り、タイマイの詳細な調査研究資料も多くはありません。どのようなルートで回遊し、どのようなものを食べているのか(ほぼ雑食と言われています)?さらに、現在使用されている材料は、二十数年以上前に輸入されたものです。もしかすると、今はまた少し変わってきているのかも知れませんね。

まぁ、こんなマメ知識を頭に置きながら、お手持ちのべっ甲製品や、この三代目のブログに掲載されているべっ甲製品を今一度見返してみるのもいいかも知れませんね。

 

 

※1980年にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に日本が批准し、それ以降、べっ甲材料の輸入量は段階的に減っていきました。そして、日本が開催国となった第8回(1992年)締約国会議(加盟国で2,3年に一度開催される会議)が開催された年をもって、それ以降現在に至るまでべっ甲材料の輸入が停止されています。現在制作されているべっ甲製品は、その年以前に輸入した材料を少しずつ大切に使用しながら制作されています。

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


・茨布べっ甲唐草彫りかんざし【abkbc160120-1】 ¥57,800+税 
(大きさ:約縦126㎜、横73㎜)


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


・茨布べっ甲竹彫りかんざし【abkbc160120-2】 ¥47,800+税
(大きさ:約縦125㎜、横74㎜)



 

 

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 


にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。