いやぁ、忙しいです。ブログが書けません。毎年の事ですがこの時期は仕方ないですね。嬉しい悲鳴です。

さて、先日ニュースで、日本を訪れる外国人観光客数が、今年1月から10月までの累計で1,100万人を超え過去最高を記録したそうですね。そのことは、銀座という場所柄、また和装という業種などもあると思いますが、日々店に出ていると身をもって感じられます。かなめ屋にも外国人観光客のお客様が以前にも増して、よくお越しになるようになりました。

つい先日もイスラエル(初めてかなぁ?)からお越しになられたお二人連れのお客様に、かんざしや、扇子、そして干支値付けなどをお土産にお買い求め頂きました。それから、カナダからトランジット(乗り継ぎ)で、なんと東京滞在5時間(笑)というバックパッカーのお客様がお越しになり、やはりかんざしお土産にお買い求め頂きました。
冗談を交えながら接客をさせて頂き、私も楽しかったのですが、帰り際、どこか近くで美味しいお鮨屋を紹介してくれないかと言われたので、1件ご紹介させて頂きました。(余談ですが、かなめ屋のある見番通りひとブロックに鮨屋がなんと10件ほどあります。)
かなめ屋の場合、アジア系のお客様もお越しになりますが、どちらかと言うと欧米系のお客様の方が圧倒的に多いですね。

さて、今日は、以前ご紹介させて頂き、大変ご好評を頂き暫く欠品しておりましたかんざしが、やっと再入荷致しましたので、新たに撮り直してご紹介させて頂きます。

 

 

 

 























 

 

黒べっ甲に、白色の顔料を使用した蒔絵ステンドグラスのように輝く螺鈿によって、アール・ヌーヴォー調で描かれた唐草模様四葉のクローバーが描かれています。金色に輝くところは、24金を使用した金蒔絵です。そしてオレンジ色に輝く四葉のクローバーと、蔓草から伸びた先に実った緑色に輝く蕾(つぼみ)実は特殊な加工を施した琥珀なんです


かんざしの「」と、アール・ヌーヴォーやステンドグラスなど「」の新しいコラボレーションによる逸品です。現代柄洋装柄モダン柄お着物などにお勧めです。きれいでしょう。

 










 

横から覗くと、やや黄色みがかった、本来の琥珀色になります。

これは琥珀の底側に、特殊な技法により、顔料金(24K)を混ぜたものをコーティングしています。そうすることで、上から見たとき、そして角度を変えて見ることにより、何とも言えない24金の贅沢な輝きと共に、鮮やかなオレンジ色緑色を放ちます。

 

 







蒔絵は、かなめ屋のかんざしや帯留めでもう何度もご紹介させて頂いております、加賀蒔絵師紫音さんの作です。






























・べっ甲四葉クローバー唐草文様琥珀螺鈿銀蒔絵かんざし【abkbf141205-1】¥226,000+税

(蒔絵:紫音、長さ:約133㎜、横:約74㎜)

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム