2014年06月05日

■べっ甲蜻蛉螺鈿かんざし。藍翠色に輝く螺鈿に、縁起物のトンボを添えた涼しげなかんざし。

テーマ:├◆普段使い簪 (附下/小紋/紬)

今日の銀座は終日雨模様。日中はそうでもありませんでしたが、夜になってしっかり降って来ましたね。これから益々酷くなるのでしょうか。高知県にお住まいの方は大変でしたね。なんと、1カ月に降る量が、たったの1日で降ってしまったとか。もう何年も前になりますが、川下りをした四万十川も、観測史上最高の雨量だったとか。

何度もこのブログで書いておりますが、日本でもここ何年か、猛暑
やゲリラ豪雨、局地的豪雨などおかしな天候が続いていますが、今や世界規模の異常気象が続いています。今までとはちょっと違います。どうぞ皆さまも気を付けて下さい。特にこれから、海や山などご計画されている方は決して無理しないように。

さて今日は、まだまだご紹介したい素敵な格好いい、または大変贅沢な扇子が続々と入荷しているのですが、この鬱陶(うっとう)しい雨模様(同時に恵みの雨でもある訳ですが)に、涼しげなべっ甲かんざしをご紹介させて頂きます。黒べっ甲に、美しく藍翠色に輝く螺鈿を川面に見立て、18K製の2匹の蜻蛉赤とんぼが仲良く戯れている様を表現した、とても素敵なかんざしです。

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

ステンドガラスのように巧みに配された螺鈿は、光の当たる角度により、瑞々(みずみず)しい藍色から何とも言えない綺麗な翠色に輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻蛉(トンボ)オニヤンマは、またの呼び名を「勝ち虫」といい、“勝負に勝つ”ことを“験(げん)担ぎ”として古来よりよく描かれる生き物のひとつです。

その昔、第二十一代天皇、雄略天皇が吉野の阿岐豆野で狩をなされた時、アブがその腕を刺したのを蜻蛉が来てそのアブをくわえて行ったという故事から蜻蛉を「勝ち虫」と言うようになったと言われています。
武家時代には、勝負の縁起を担いで兜の前立ちをはじめ、刀掛けつばなど様々な武具の飾りや模様蜻蛉の姿を目にすることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・べっ甲蜻蛉藍翠色螺鈿かんざし 【abkbc140605-1】¥204,000+税
(蜻蛉:18K、大きさ:約縦125㎜/横80㎜)

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

 

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

 

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

 

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

 

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

▼こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

読者登録してね

銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村

★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

 

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。