横浜五郎のDXブログ

B級アマチュア無線技士のDX日記、登山記録、ラーメン食べ歩き、その他諸々


テーマ:

昨年の宅地建物取引士、今年の第二種電気工事士に引き続き、今回第2級建築施工管理技術検定試験を受験しました。

この資格を取れば、第2級建築施工管理技士となり、会社から手当てが出るのでひっそり勉強してました。


この試験は、午前中にマークシート式の学科試験があり、午後から記述式の実地試験となっています。


学科試験は過去問を中心に勉強すれば、特に難しいことはありません。ざっくり言うと、65問から40問を選択し、そのうち6割の24問正解すればいいわけです。


一番ネックとなるのが実地試験経験記述です。

これは、自分の施工管理経験に照らして、要求される問題に答えるわけですが、私の仕事は工事でもごく限られた範囲の工事なので、経験記述に耐えられる経験が不足しているのです。

それでも、事前に予想された工程についての解答を用意して試験に臨みました。


電気工事士試験と同じ、比治山大学6号館が会場でした。↴↴↴

綺麗な校舎です。↴↴↴

試験開始の1時間前に到着。周りを見渡すと、30代~40代くらいの人が多いようです。女性は1割くらいですかね。↴↴↴

午前中の学科試験は楽勝でした。試験時間が2時間半は長すぎ。途中退室してもいいのですが、最後までいないと問題用紙が貰えないので最後まで残りました。半分くらいは退出してましたね。


構造力学は最初から捨ててました。全く勉強していません。選択式だからこういうことが出来るんですね。↴↴↴

午後の実地試験は、経験記述以外は調子良かったのですが、経験記述で焦りました。

予想通りの工程に関する記述だったのですが、留意っていう言葉の意味が未だによく分からず、記述の内容が問題に即したものになっているのかが疑問です。↴↴↴


結果的に、合否は経験記述の結果次第となりました。

正直ちょっと難しいかと思っています。経験記述以外は良かっただけに残念ですね。


発表は来年2月です。

もし学科のみ合格だったら、来年実地試験のみ再受験します。




広島ブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

横浜五郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。