IELTS テクニック READINGについて

テーマ:

Readingに関して。

 

Readingは大きく3つの大きな学術系の記事に分かれます。

 

それに沿って問題を解いていく。

 

制限時間が60分のため、無駄に止まっている暇がありません。

それなので、いかに時間を無駄にしないか、というのがとても大切です。

 

まず大切なのは3つあるセクションの解く順番を決めること。

 

 

1 「解き始める前に、一度記事のトピックに目を通すこと」

 

3つの記事のタイトルに最初目を通して、

パッとみて、

簡単そうな順を決めてその順番から解いていくことです。

 

必ずしも最初の問題が簡単というわけではありません。

最初の問題がかなり難しかった場合、いきなりそこから解いて

結局、予想以上に時間を使ってしまった、なんてことは極力避けましょう。

 

 

2 「解きやすい問題形式から解く」

問題形式は記号選択式や単語の抜粋。などなど。

自分にとってどのタイプの問題が解きやすいか、これも決めておく必要があると思います。

 

3「解いている時は分からない単語は無視」

IELTSに出る単語は非常に学術的な単語も出てきます。

100%理解するのは難しいです。

その為、ざあーーーと呼んで、すべてを理解出来なくても、大まかなトピックが理解できれば

十分だと思います。分からない単語に固執しないことも重要です。

けれでも、勉強中は解き終わった後に意味を調べておくと良いと思います。

 

さっと思いつく中ではこんな感じですかね(-_-;)

他にもいろいろあるんですが、文字だけで説明するのが

メチャ難しい・・・。

 

 

あとこういったコツは、とにかく数を解くことがまず必須です。

自分はReading最初凄いニガテで5.0でした。

その後2か月の語学学校の中で、

最初1か月は一日に2試験分のReading問題を解いてました。

 

その際、過去に解いた問題を何度も解きなおすことを大切にしてました。

 

2か月後に、最終的に7.0ぐらいまでいきました。

 

 

とにかく数です。あと出来るまでやり直し。

そのあとのテクニックです。

 

参考になれば幸いです(;´∀`)

 

 

 

↓こちらクリックするとランキングがあがります。

  クリックしていただけると、嬉しいです(; ・`д・´)

人気ブログランキングへ

 

AD

コメント(4)