三連休にサンキュー。 | Gin's Bar/アクターズ仙台の公式ブログ

Gin's Bar/アクターズ仙台の公式ブログ

井伏銀太郎プロデュース「Gin's Bar[ギンズバー]」、Gin's Bar直属の俳優研修機関「アクターズ仙台」の公式ブログ


テーマ:
一日の休日も祝日もない6月をフルに働いて過ごした身に、この三連休はザックリ例えるなら砂漠を歩き通した果てのオアシスか………砂漠に行ったことないからわからんが………

その6月。またもや大きな地震がおきてしまった。またもやと言うのは、40年前の6月12日は宮城県沖地震、10年前の14日には宮城内陸地震が発生したから。そこにまた18日の大阪の地震。なぜ6月に集中するのか。単なる偶然には過ぎないが。私は6月13日生まれで発生日に前後をはさまれている。誕生日が近づくと「あの地震から◯年〜」のニュースで引きも切らず。今年はそこに新幹線の事故やら事件やらが重なり、なんだかもういい加減にしてくれ!と言いたくなる月だった。

気持ちを入れ替えて7月を迎えようと思っていればそこに西日本豪雨。報道される被害状況や連日の猛暑の中での困難な片付け作業や避難所のようすを見るにつけ、どうにもやりきれない。日本に住む限りいつどこでどんな災害に遭っても不思議はない。身をもって知っているつもりだが言葉にならない。率先して活動されているボランティアの方々には頭が下がるばかりだ。

稽古もなく結局はのほほんと過ごした三連休。せいぜい募金するぐらいしかできないんだよなぁと思いながらいつもよりしっかりめに掃除したり洗濯したりご飯を作った。そしてさらに思った。

いつ非日常に変わるかもしれない日々の当たり前の生活を、それでも少しでも大切に丁寧に過ごし、少しでも健康でいること。被災された方々に対して実質的に何になるわけじゃないけど、自分ひとりができる最小のことはそれしかない。

それで話しは飛躍するけど………

いつか演劇が必要とされる時には、日々の生活と同じように大切に丁寧に作った芝居を両手でさしだせるよう、準備をしておく。

のほほんプラス相変わらずのほとんど引きこもり状態でそんなこんなを考えた三日間。土日の休みだけならこんなことは考えなかったような気がする。なんにせよ余裕は必要ってことか。いや、火事場の馬鹿力ってこともあるし。リラックスして初めて集中できる………?追い詰められて本領発揮………………?ぬおーっ!どっちなんだ!!

どっちにしてもほんの少しだけ、頭ン中の風通しが良くなった。だから三連休にサンキューなのだ。

西澤


Gin's Bar / アクターズ仙台さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス