なまはげとは、大みそかの夜に家々を回る年神様なのであるが、その際に

 

泣ぐ子はいねがー、怠け者はいねがー」「親の言うこど聞がねガキはいながー」

 

などと言いい、奇声をあげながら来ます。

その姿に子供たちは親にしがみついたり泣いたり。

家の主人はひたすら謝り丁重にもてなします。

 

もしもなまはげが標準語で話すのだったら、

 

「泣く子はいませんか」(←迷子でも捜してる??)

 

「怠け者はいませんか」(←動物のなまけもの??)

 

「親の言うことを聞かないお子さんはいませんか?」(←いても無視されそう)

 

まったく迫力なく、みんなからスルーされてしまいそうですね(^^;

 

やっぱりなまはげは秋田弁だからいい!

そんな秋田弁の迫力満点ななまはげがこの週末、ココラボラトリーで観られます。

ぜひ!!