【狐の競馬】京都2歳S(G3) |  おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

 おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

      
      今週の競馬は、「根岸S(G3)」「シルクロードS(G3)」です
      

少頭数の2歳中距離戦、今年は阪神に素質馬10頭…京都2歳S(GⅢ )
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ  
 明日は、今年も阪神で行われる距離二千の2歳戦「京都2歳S(G3)」です。2歳重賞の中でもトライアルに位置づけとならないレースで、いっそ時期をずらして開催しホープフルSのトライアル指定にしてしまうのもアリかとは思うのですが…
【傾向】今年で重賞昇格7年目だが、賞金上積みレースの性格が強い重賞。クラッシックを睨んだ中距離戦デビューの馬が集まるので、夏のローカル戦で早めに1勝した馬や短距離戦を勝ちあがって来た馬の出番は少ない。デビュー戦が千八以上の馬か、前走で千八以上を使って来た馬が圧倒的に優勢。今年も阪神内回り二千であることには要注意

【予想】自信度 ★★★☆☆結構悩ましい
魅力ある素質馬が揃った10頭立てレースとなりました。全頭前走勝ちで千八以上が9頭、この時期の2歳戦なら前半スローで流れるのは確実なところ。先行有利な阪神内回りでも末がしっかりした勝ち方をしてきた馬を選択しました。
◎フィデル、中間蹄炎( 挫跖 )の影響で間が開いたが、調整を余計に取れた分心配はあまりない。直近の動きでも併せたマカヒキに先着と動きは上々。前走デビュー戦は小倉の千八、好位置から楽々と抜け出しノーステッキのまま最速上がりで楽勝した。能力は高そうで厩舎も期待する素質馬。

○キャンデセント、今年レベルの高い新潟デビュー組で、デビュー戦は後方待機から徐々に加速して直線6番手から抜け出して快勝。内回り二千でも無理に前に行かず、レースセンスの良さを発揮して稍重2分4秒8なら充分な内容。小回り二千経験済みで上りも速いディープ産駒だけに期待充分。

▲ジャスティンロック、 デビュー戦の中京二千は巧くスローで逃げたトゥデイイズザデイの2着だったが、直線最速上がりで猛然と追い込んだ内容は勝ち馬に引けを取らなかった。案の定前走未勝利戦では強敵相手に競い勝ち、時計は平凡だが勝ちっぷりは大物感があった。少しでも前半流れてくれるなら上位食い込みがある。

△トゥデイイズザデイ、当歳時からの評判馬でデビュー戦も圧倒的な1番人気、中京二千を好スタートからハナを切ったが、7頭立てなら致し方ない展開でそのまま押し切って逃げ切り勝ち。39.7-34.0のラップで2分4秒8は平凡だが、時計以上に躍動感があった。初戦少頭数の逃げ切り勝ちなので4番手に下げたが、阪神二千でどのようなレースをするか注目したい。



人気ブログランキング

先週の東スポ杯と同じく、見るレースにはなるのかなとは思います。先週は新潟デビュー組に勝たれましたが、今週はどうなるのでしょうか?ちょっと気になるのは、1枠1番のポットボレットです。2頭軸3連複には加えておきます。
                           それでは、皆さんのご健闘をお祈りいたします(^o^)丿