【狐の競馬】セントライト記念(G2) | おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

  今週の競馬は、「アルテミスS(G3)」「スワンS(G2)」「天皇賞(G1)」です。
  菊花賞タイトルホルダー、見事な逃走劇おめでとう!
  

春の実績馬に上り馬が挑む菊花賞トライアル…セントライト記念(GⅡ)
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ  
 明日の競馬は、3連続開催の三日目。中山で菊花賞トライアル「セントライト記念(G2)」が行われます。毎年書くことですが、響きの良いレースの名前で大好きな重賞のひとつです。今日のローズSはタガノパッション本命で大外れ、明日はちょっと頑張りたい…
【傾向】春の実績馬が数多く参戦する名門トライアル。特にダービー出走馬の成績が良く、特に5着以内の馬の好走率が高く、皐月賞出走馬も同様の傾向。前走傾向はダービー組が圧倒的に強く、以下ラジオNIKKEI賞と青葉賞、皐月賞など重賞組が続く。夏の昇り馬の活躍が目立つことはセントライト記念の一つの特徴で、ローカル2勝級・1勝級からの挑戦馬は多くの穴馬を生んでおり前走千八~二千で着差をつけて快勝してきた馬は要注意。中山二千二百は、緩い流れの前半から向こう正面を経て一気に速くなる独特なコース、基本的には先行して押し切れるスタミナ型が有利だが、外回りの為に展開次第で追い込み系も無視できない。

【予想】自信度 ★★☆☆☆一発狙い
今年も14頭とフルゲートに足りない…ダービー組が4頭(最先着は6着)で重賞ウィナー3頭とやや小粒なメンバー。最近ではめずらしく逃げ先行がずらっと揃い、乾いた良馬場と相まってキツい流れになるのか、全馬牽制してスローになるかは大変微妙。
◎レインフロムヘヴン、後半早めに脚を使いながら二千二百を乗り切れそうなスタミナを持つレインフロムヘヴンを本命にしました。良馬場なら切れる脚をコンスタントに使え、前走の青葉賞は0.3秒差6着に食い込んだ。不利が無ければ…と言う内容で、2歳時にはエフフォーリアと僅差の勝負を演じた末脚はここでも通用する。明日は待望の良馬場で鉄砲は効くタイプ、逃げ先行馬が多い展開で14頭と言う頭数も手頃。素質一級と言われた同馬にとって、なんとしても権利を取りたいところ。
〇タイトルホルダー、弥生賞を逃げて楽勝、続く皐月賞も2着と実績はメンバー随一。前走ダービーも見せ場充分の内容で6着と頑張り、逃げなくてもレースが出来る自在性が出てきたのは魅力。速い脚は無いが、中山は4戦3連対と得意なコースで屋根は手が合う横山武くん、前半から逃げ競う展開にならなければ…
▲グラティアス、新馬重賞と連勝を飾った、いわゆるクラッシックエリート。重賞京成杯では2番手からの絵にかいたような差し切り勝ちで、2戦ともにメンバー最速の上がりを使った。皐月賞はちょっとした不利があり6着、それでもタイトルホルダーとは1馬身程度の差しかなかった。力負けのダービーでも見せ場は作って0.6秒差8着、得意の中山に戻って一発警戒。
△レッドヴェロシティ、決め手では有力馬に見劣るが、メンバー中数少ない中山二千二百経験馬で、特に二千以上の距離は(2,1,2,1)と抜群の安定感を誇る。青葉賞は時計差無しの3着と好走、続く札幌2勝級条件戦でも現在4連勝中で売り出し中のアラタ相手の2着なら、メンバー比較でも見劣りししない。今季好調のデムーロに戻るのも好材料。
△ソーヴァリアント、データ上からは有力視されそうな1頭で、夏場の条件戦を連勝してきた昇り馬。 特に前々走の1勝級利尻特別は上がり最速で6馬身差の圧勝、弥生賞も4着と短い直線でも遺憾なく瞬発力を発揮してきた。相手は強化されて試金石の一戦となるが、弥生賞の内容を見る限り上位との差はあまり無さそう。
 

人気ブログランキング
 オーソクレースは9カ月ぶり、試走の意味合いが強いと見て切りました。ルペルカーリアも怖い1頭ですが、底力が無い印象ですが血と能力で走られたら仕方なし。むしろもう一頭を選ぶなら、池添くんがやる気満々のヴィクティヴァルスかなぁ…
 今日のローズSの予想が散々だったので自信はあまりありませんが、一発狙いました。レインフロムヘヴンの人気なら、無印馬にも総流ししても元は取れそうですけどね。
                                        では皆さんの健闘を祈ります(^o^)丿