【狐の競馬】レパードS(G3)&エルムS(G3) | おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

 ☆☆Yahoo出身の競馬馬鹿が雑学、ニュース何でも書きます☆☆
 

 今週は「セントライト記念(G2)」「ローズS(G2)」「阪神JS(JG3)」です。

最後の3歳限定重賞、秋に向けて素質馬が飛翔する…レパードS(GⅢ)
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ  
 明日は、新潟で3歳限定ダート戦の「レパードS(G3)」、札幌では古馬ダートの重賞「エルムS(G3)」が行われます。例年だと、小倉記念か関屋記念の裏重賞になるエルムSですが、今年のメインは新潟重視のJRAに乗っ取って、レパードSとしました。
傾向】上位人気馬の裏切り感が強く、荒れるレースの印象が強い3歳戦。 新潟千八ダートは角度のキツイ4か所コーナーがあり幅も狭い小回りコース、高低差もないので圧倒的に先行馬が有利。中距離経験の少ない3歳馬にとってこのコースは曲者で、ペース配分や展開次第で荒れるのではと思う。1勝~2勝級でも平気で馬券に絡むので、千八で連対以上実績のある距離適性や左回り経験などを考慮。前走傾向は優勢なJDD組が今年は1頭、ユニコーンS組が3頭だが、府中マイル好走組を信用しすぎると痛い目に会うのは過去のデータ通り。特別組は今年が変則開催なので参考以下で。


【予想】自信度 ★★☆☆☆
ダートはかなり脚抜きが良い馬場になるのは確実で、位置取り争いが激しくなりそう。と言っても追い込みが届くとは限らないので、やはり狙いは先行抜け出しタイプ。距離延長組は内容吟味要。最も悩んだのはラインベックの取り捨て…
◎ミヤジコクオウ、前走のJDDは5着に終わったが、初のナイター競馬で、重馬場になると走りにくい大井の馬場も合わなかった印象。先着された2着ダイメイコリーダを鳳雛Sでは軽くあしらっていて、勝ち時計は、古馬3勝級でも通用する時計だった。ダート中距離なら現役屈指の和田くんを配して力関係と展開からはもっとも有力な1頭。
〇メイショウダジン、ダート3戦2勝の成績から芝重賞に挑戦し5着6着と今一息、前走はダートに戻りOPの鳳雛Sを使って離された4着だったが、力は示した。一息入れて、馬体も戻り展開も有利。レベルの高かった小倉ネモフィラ賞組で、脚抜きのいい馬場も得意。前がかなりやり合う展開なら侮れない。▲デュードヴァン、 前走ユニコーンSでは絶望的な位置から、直線上り最速の脚で2着に喰いこむ。怪物カフェフアラオ相手に善戦したとはいえるが…スタートが悪く今回も後ろからになるなら過信は禁物で本命には推しにくい。左回り府中で4戦(3.1.0.0)、決め手は一番だが2ターンの府中マイルコースと違う競馬が出来るかどうか…△ライトウォーリア、 芝2戦未勝利の後にダートに転戦(3,0,0,1)と順調に勝ち星を重ね、前走の休養明けインディアトロフィー(2勝級)を好時計で快勝、成長を見せつけた格好。使った上積みは大きく、ここでも好勝負可能。△ブランクチェック、 前走の2勝級平場を快勝、この時の2着の古馬サルサレイアを物差しにするなら、能力も相応と言える。デビューから4戦3勝で連対率100%の堅実な競馬を続け、距離も千二から徐々に伸ばして千六も無難にこなした。初距離千八をこなせるか?△フレイムウイングス、過去ダート5戦は全部千八で、前走の休養明け勝利はメンバー唯一の新潟千八。ダート転向一戦目で緩い馬体ながらダイメイコリーダの2着と好走、案の定順調に出世して重賞までこぎつけた。いい時にどんどん使うゴドルフィンの馬だけに、中1週の出走は不気味。
直線264メートルを味方につけろ!圧倒的に先行有利…エルムS(GⅢ)
 札幌は古馬によるダート重賞「エルムS(G3)」です。札幌ダート千七といえば、典型的な小回りローカルコースで直線の長さが府中ダートの約半分の264m、しかも坂もない。どこからどう見ても先行有利なので、器用に4角5番手くらいに付けられる脚が無いと苦しい。ただ、函館や福島と違ってコーナーが緩いので阪神のような捲る競馬も多いので、捲ったことのある馬とか、札幌好走馬は要警戒。
◎ハイランドパーク
○タイムフライヤー
▲リアンヴェルテ
△ウェスタールンド
△アナザートゥルース
△アルクトス
【予想】 過去エルムSでは、4角3番手以内だった馬の成績が近10年でも連対率50%以上あり、逆に4角4番手以下なら3着が一杯と言う成績。前付けできるか、又は捲れる馬を拾いました。例年ほどには速くならないと見ましたが…本命は◎ハイランドパークを取りました。 一昨年は本レースを制し、昨年は2着。毎年照準を北海道に合わせてくる馬で、成績も(2.2.1.1)と巧者ぶりを発揮。骨折明けだった前走の大沼Sは、58キロの斤量で馬体重16キロ増でも3着を確保。一回叩いて斤量2キロ減なら好勝負。○タイムフライヤーが相手。前走マリーンSは鮮やかに直線抜け出し、2着に0.5秒差をつける圧勝。元々ダートでも先行できる脚があり、少なくても昨年の本レースの5着(休養明け初ダート)よりは前進しそう。▲リアンヴェルテは、函館で4勝している逃げ馬で、小回りの逃げっぷりから見て明日逃げるのはこの馬のハズ。他に競うような馬がいないので、展開的にはこの馬が穴でしょう。差し競馬になった去年の本レースでも大崩れしていないのでここも好走期待。喉鳴り情報があるのは気になるところですが…△ウェスタールンドは、能力が高く実績も格上の馬だが、初コースとなる札幌で巧く馬群さばきが出来るかどうかが難しい。藤岡佑くんは、従来通りの競馬で臨むと言っている以上、届くかどうかの競馬になるので押さえまで。△アナザートゥルース、たたき上げのキャリアを積み上げて重賞ウィナーまでなった6歳馬。交流戦に比べると中央の成績がイマイチで末が甘いが、粘り切る地力はある。やや距離が足らないか…△アルクトス、およそ向かないレースで目標は左回りの中京でしょうけど(今年はG3重賞が秋にある)、休み明けは滅法巧いし前に付けられる脚もあるので、一応警戒しておく。

は、皆さんの健闘を祈ります(^o^)丿

人気ブログランキング

 中央競馬ランキング https://novel.blogmura.com/ ブログ村参加中