【狐の競馬】七夕賞(G3)&プロキオンS(G3) | おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

 ☆☆Yahoo出身の競馬馬鹿が雑学、ニュース何でも書きます☆☆

 今週は「エルムS(G3)」「レパードS(G3)です。

サマー2000シリーズの開幕戦、福島名物ハンデ戦 … 七夕賞(GⅢ)
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ
 明日は梅雨の福島名物、荒れる中距離ハンデ戦「七夕賞(G3)」です。福島競馬場も改修が進み、かつてのような「田んぼ馬場」には滅多にはなりませんが、稍重以下の馬場は必至で重の巧拙比較が悩ましい。阪神は、例年中京で行われるダートの短距離重賞「プロキオンS(G3)」です。
【傾向】サマーシリーズなど夏競馬の番組整備により、一時の荒れた傾向は収まったがメドウラークのような例もあるので油断できないハンデ戦。57キロ級の重ハンデ馬の活躍が目立つが、上位人気馬の成績は芳しくなく、一方で4歳馬の好走率は高い。前走傾向はG1ステップから裏ルート組、新潟大賞典組が主力で、牝馬限定重賞マーメイドS組は要注意。重賞未勝利でも、特別戦好走馬や福島巧者には当然注意だが、降級制度の無くなった4歳の斤量比較は難しい。

【予想】自信度 ★★★☆☆混戦模様
土曜日の特別勝ちのココロノトウダイ(2勝級では抜けた存在)の勝ち時計が2分00秒9、明日も雨が降りそうですが2分01秒台くらいの決着でしょう。例年強力な逃げ先行馬が多数出走してくるレース、しかし今年は行きたい馬が見当たらず展開のアヤで波乱も。抜けた馬がいない難解な一戦。
◎パッシングスルー、昨年の紫苑Sでフェアリーポルカやカレンブーケドールを破り重賞勝ち、福島二千勝ちも経験があるパッシングスルーを本命に。3歳時には芝の中距離で先行力を生かして、紫苑S勝ち・フローラSを僅差の4着など活躍し、中山福島で2勝とコース適性も高い。展開的にも有利で鞍上戸崎くんも早くから騎乗を受けて調教をつけた。前2走のダート戦は度外視して狙う。
○クレッシェンドラヴ、福島重賞勝ちの実績があり4戦4連対とコース巧者で、明日は馬場が渋って時計勝負にはなりにくくなるのも好都合。去年は55キロ2着だったが、今年は逃げ馬が不在で捲れる自在な脚を持つのは有利。休み明けでトップハンデは厳しいが、重馬場も巧く屋根は相性の良い内田くんで昨年の雪辱を果たすか?▲オセアグレイト、絞るのも難しい3番手はオセアグレイトを推したい。前走目黒記念は早めに抜け出して先頭に立ったが、0秒6差の6着という結果に。今度はG3ハンデ戦になり55キロの斤量も据え置き。外枠から巧くロスなく立ち回れるかが鍵に。△マイネルサーパス、前走の重馬場福島民報杯を後方から差し切り勝ち。展開に恵まれた感じで能力を鵜呑みにはできないが、福島巧者で中山も巧く小回りコースの立ち回りならメンバー上位。一昨年のまでの4歳降級制度があったとしても本馬は出走資格があり、他の4歳馬よりも格上。△エアウインザー、近走の凡走ですっかり評価を落とした感じだが、かつては驚異的な連対率でG1でも好走した格上馬。重馬場も走るし、福島は初めてでも右回りは巧いし57キロのハンデはむしろ軽い。叩き3戦目で動きが良くなり、そろそろ警戒したい。△ジナンボー、ウインイクシード・リュヌルージュと比較したが、最後の一頭をジナンボーに。 前走の大阪杯は6着だったが見どころ充分、結果的に0秒5差なら大健闘。小回りをこなせる機動性もあるし、重馬場もこなす。56キロでG3なら力量上位か?
ダートの短距離自慢が集う、千四百ダート戦… プロキオンS(GⅢ)  
 阪神は、地方交流戦に向かう馬や秋に向かってここで降ろす馬など、様々なルートからダートの短距離自慢が集うダート短距離戦「プロキオンS(G3)」です。今年は中京に替り阪神開催、中京の先細りコースから、阪神高速コースに。折からの雨で、先行馬が止まらない展開か?
◎サクセスエナジー
○レッドルゼル
▲スマートダンディ
△ミッキーワイルド
△ラプタス
△ブルベアイリーデ
自信度 ★★★☆☆
【予想】梅雨の時期のダート戦、昨年と同じく高速馬場でしょう。但し、今年は阪神コースなので左巧者を割り引いて考えました。昨年は押えの評価だった◎サクセスエナジーを本命に推します。 59キロの天王山S、58キロの栗東Sと連勝。千四は7勝とめっぽう強い距離巧者で重馬場高速ダートも得意。スタート決まれば同型馬も気にならない。○レッドルゼルが相手筆頭。前走天保山Sは、スタートが悪く不良馬場で先行馬を0.1秒差まで追い詰めたて2着。ダート戦(5,4,0,1)と底を割っていないし、馬場にかかわらず安定した差し脚は一級品で仕上げにもぬかり無し。▲スマートダンディ、前走は休養明けで59キロの斤量を背負い6着だったが、今度は斤量は3キロ減となり4勝している得意のコース。叩き2戦目は過去着外無しで、6歳にして初重賞制覇のチャンス。△ミッキーワイルド、本質的には左回り向きの単調な追い込み系の馬だが、息の入れ方が上手くなって来て追走にも余裕が出てきた感じ。冬場はダメな大型馬、夏になり8戦6連対の得意の距離でそろそろ警戒。△ラプタス、同型馬を巧く捌ければ、現在交流戦連勝中で千四7戦6勝(右回りなら6戦6勝)の実績があるラプタスも怖い1頭。スタートが良い馬なのですんなり逃げられれば。△ブルベアイリーデ、出世が遅れたが3歳時にレッドルゼルあたりと好勝負をしていてその能力は高い。重馬場よりも乾馬場で差し込むタイプだが、重馬場自体はかなり巧い。調教も動いているし、そろそろ本格化?厩舎筋は弱気だが狙う価値有り。

は、皆さんの健闘を祈ります(^o^)丿
 
\?\᡼\? 6  https://novel.blogmura.com/ ブログ村参加中