【狐の競馬】日経賞(G2)&毎日杯(G3) | おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ
新型コロナウイルスに関する情報について

おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

☆☆Yahoo出身の競馬馬鹿が雑学、ニュース何でも書きます☆☆


今週は「ダービー(G1)」「目黒記念(G2)」「葵S(G)」です。

関東圏での天皇賞前哨戦、中山巧者と新興勢力が拮抗…日経賞(GⅡ)
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ  
 今年のドバイ ワールドカップデーは、新型コロナウイルスの為に中止…参加予定だった20頭とスタッフには気の毒な結果に。今年の国際競争は無いものとして扱ったほうが良いかも。今週の競馬は、4重賞。土曜日は、中山で関東圏の天皇賞前哨戦「日経賞(G2)」、阪神で皐月賞への東上最終切符となる「毎日杯(G3)」です。天候は土日ともに雨模様、先週のような大波乱がまた起きる?先週はキセキ無印で大正解、今週も大胆な予想で攻めて行きます。
【傾向】過去、格の高い重賞を制覇していてG1の常連の馬が勝つ格重視のレースだったが、近年は明け4歳の重賞経験の浅い素質馬が活躍。とはいえ、G2G1での3着以内実績有無は重要なファクターで、別定G2戦に見合う底力とスタミナは必要。コーナーが多いコースと短い直線のため、先行馬が強く当然Sペースが多い。前走G1(有馬記念組)が優勢でG2組が続き、特別戦や条件戦からの参戦は分が悪い。高齢馬でも中山巧者や高実績馬には要注意。

【予想】自信度 ★★★☆☆復活なるか?
馬場は土曜日は稍重、日曜日は重でしょう。中山二千五百の渋った馬場ならスタミナは重要、頭数からもメンバーからも先行前残りに警戒、とはいえ行けば行けるタイプが揃い展開は非常に難解。重賞実績のある内枠馬中心に。
◎サトノクリニクル、3歳時には菊花賞で穴人気になった素質馬ももう6歳だが未だ16戦、というのも脚部不安で1年半休養があった為。4歳時2着だった阪神大賞典を使わず中山二千五百日経賞を選択、そのための休養明け前走がAJC杯…名門池江師の緻密な計算が実を結ぶか?1枠を引いてレースはしやすく長距離実績もあり中山も巧い。
○レッドレオン、前走の日経新春杯ではモズベッロの2着だったが、直線で前が詰まって万事休すだったが、地力の高さを見せて追い上げた。今度は勝ち馬と同斤の別定戦で逆転まで、初コースのハンデはあるが近5戦で(3,1,0,1)の地力UPは格下と侮れない。▲ミッキースワロー、ここ2戦人気を裏切って連対を外しているが、それでも僅差で相応の力は見せた。中山巧者であることと典型的なトライアラーであることは間違いなく、極端な馬場悪化にならなければ重賞2勝の格がモノを言うか?追って届くかどうかの展開的不利な面から3番手に。△モズベッロ、前走の日経新春杯勝ちで重賞ウィナーの仲間入り、斤量4キロ増に目を瞑ればここも勢いで突破の可能性がある。長距離に転戦してから速い上りで好走を続けてきており、中山の短い直線で巧く前を捌ければ…△ポンデザール、全頭穴馬に見えてくる帯に短し襷に流しの面子なら、内枠を引いた牝馬長距離砲を大穴に指名。稍重までと条件が付きますが、小回りで脚を溜めるのが巧く昨夏は長距離で4連勝。重賞の壁に当たった感じはあるが、前走は太め残りで条件が合わず距離も足らなかった。小回り右コースで注意。
皐月賞に向かう最終コース、阪神千八に大物が潜む…毎日杯(GⅢ)
  阪神は、遅れて来た大物がこのレースで一気に脚光を浴びることも有る毎日杯です。無理なステップを避けて、ここまで自重して万全を期した馬が順当に勝つ場合が多い。力勝負になりやすい阪神千八で、現時点の能力がそのまま現れやすい。今年は前走重賞を使った馬が2頭いますが、あえて馬場を考えて本命を捻りました。
◎サトノインプレッサ
○ストーンリッジ
▲ダノンアレー
△アルジャンナ
【予想】自信度★★☆☆☆馬場悪化考慮
明日の阪神も渋った馬場で、1分47秒台以降の時計になりそう。ならば、速い上りの馬が勝つ傾向から明日は勝負根性に長けたタフな馬を選択しました。今年のサトノ軍団は目立たないけど逸材が多い中の1頭、本命は◎サトノインプレッサに期待です。現在2連勝中だが、2戦とも重馬場で時計は目立たないものの、前走こぶし賞では出遅れたものの大外を回して1着、僅差でも内容は圧巻。サプレザ産駒で距離が鍵になるが、ミスプロ持ちで血統も魅力的。○ストーンリッジは、前走きさらぎ賞で新馬戦からぶっつけで挑戦して2着と気を吐いた。兄弟に重賞活躍馬が並ぶ名血で、距離もコースもピッタリな感じ。本格化は夏以降でしょうが、デビュー戦もポテンシャルが高い内容だったし、素質だけでも上位に来る可能性大。▲ダノンアレーは、ダート2戦1勝のあとに使いどころがなく芝の特別戦つばき賞に。意外や重馬場を逃げて0.1秒差の2着と好走、続くアルメリア賞も稍重阪神千八を2着と好走して芝重上手を発揮した。確実に先手を取れる展開面から3番手に。△アルジャンナは、典型的なスピードタイプで、前々走の東スポ杯ではコントレイルの2着、1分45秒3の高速時計で2着。前走のきさらぎ賞は先行有利な展開で3着、ただ時計も内容もネームバリューから考えたら不満が残る。明日は馬場が心配で押さえ迄。

は、皆さんの健闘を祈ります(^o^)丿

人気ブログランキング

 中央競馬ランキング

\?\᡼\? 6 https://novel.blogmura.com/ ブログ村参加中