プロに中敷調整をお願いしました | Cahier de la vie

Cahier de la vie

日々の雑記です。
相互読者登録には対応しかねます。


テーマ:
先日の記事でも触れたように、痛くてあまり履かなかった靴に中敷調整をしていただきました。

薄く細く私の足には比較的合っているはずですが、ある時期からどうにも痛くて、はかなくなっておりました。

最近指の間の魚の目が再発、その痛みも酷く、履ける靴がどんどんなくなっていくため、アルカに駆け込んだわけですが、それだけでは根本的問題は解決しません。市販の中敷きもずいぶん試しましたが、滑り止めにはなっても、かえって痛くなることも多く限界を感じていました。

そこで前から気になっていた調整専門のお店に予約をいれました。

フットプリントや計測を丁寧にしていただき、足の関節や筋肉の状態もチェックしていただきます。
photo:03

こんな風に客観的に足の状態を自分でも把握できるので、とても参考になりました。
小指が床についていないことがわかりますね。

作成していただいた私の足の設計図に基づいて中敷を入れていただくのです。
ときどき靴と設計図を前に考え込んでいらっしゃって、これは素人が市販の中敷でなんとかできるようなことではないな、と再認識した次第。

どういう靴を買えばいいかも教えていただけますが、
私の足では国内で合う靴を探すは非常に難しいとのことです。
とはいえ、私が比較的合うかな思っていたブランドはやはりOK、持ち込んだものも細めのものだったので、調整していただけました。あまりに足にあわないものは調整できない場合もあるそうです。

まずは1足をお願いしたところ、俄然履きやすくなったので、その後さらにパンプス2足とショートブーツを持ち込みました。

そのうちのひとつがこのルブタンです。主に素足ではいていたのであまりきれいではなくお目汚しですがご容赦くださいませ。

photo:02


中敷を入れても、できるだけ目だたないよういろいろ工夫もしてくださいます。

それとヒールやファッション性にもとてもご理解があって、靴をあいしていらっしゃるのがお話していても、また靴の扱いを拝見していても、ビンビン伝わってきました。これならお任せしても大丈夫と安心できました。

持っていった靴を「とてもいい靴、構造もしっかりしていて、つくりが素晴らしい」とお褒めもいただき、ますます大事にはいていこうと思えました。

足の状態はかわるため、違和感を感じたらまた調整していただかねばなりませんが、
とにかく7~8センチのパンプスを履いて痛みがほとんど気にならないのは感動的です。
第一、今までは「このコーディネートなら本当はコレがはきたいけど、今日は靴を履く時間が長くなるから…」というような消極的理由で靴を選んでいましたから。靴からコーディネートを考えられるなんて、夢のようです。しばらく新しい靴を買わず、調整していただいたもののローテーションで足の状態の変化を待ちます。

ちなみに、調整していただく靴は、履きこんで革の伸びたものよりも、比較的新しく、また構造のしっかりしたものがより向いているようです。

お邪魔したのは、シューフィット神戸屋さんです。やすはる様>本当にお世話になりました。またお邪魔しますのでどうぞよろしくお願いいたします。

7~8年はいているロッシのショートブーツも持ち込んだのですが、修理も含めご提案いただき、現在きれいにしていただいている最中です。こちらの出来上がりも楽しみです。

なお現在とても込み合っているようです。事前にご予約されることをお勧めさせていただきます。

montrachetさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス