川越貨物線 | 片付けがはかどる方法 外伝

片付けがはかどる方法 外伝

片付けに頑張っている貴方、ちょっとくじけたときにご覧下さい。
気分転換になる記事を多数ご用意しております♪

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

1985年にJR埼京線が開業する前、川越線は
ディーゼルカー(気動車)で、大宮駅の
地上ホームの11、12番線から発着していました。

それが電化され、
埼京線と同駅地下ホームで結ばれて
直通運転を始めました。

その後、12番線は廃止されました。

11番線は現在、湘南新宿ラインに
使われていますが、

週末などには、快速
”ぶらり川越号”
”おさんぽ川越号”などの
臨時列車も発着しています。

”おさんぽ川越号”は外房・京葉・武蔵野線から、
”ぶらり川越号”は常磐・武蔵野線から

貨物線を通って大宮駅に入り、
さらに川越線へ向かう列車です。

11番線から川越方面に発車すると、
すぐに旧川越線が走っていた単線に入って
複線の川越線と高崎線の間を進み、

鉄道博物館の少し北にある
新幹線の高架線の先で、

大宮駅の地下ホームから
上がってきた線路と合流します。

この短い区間を”川越貨物線”といいます。

面白いのは信号方式です。
川越貨物線には電化前の単線だった時代の
信号機が残っているのです。

鉄道博物館から見える
川越線と高崎線の間にあります。

列車が通過すると自動的に
信号を赤にするような信号機とは違い、

”遠方信号機”という、
次の信号機がどのような信号を
出しているかを予告するものです。

よく見ると、角が丸い信号機ではなく、
角のある長方形をしています。
地上ホームからの列車が走らない時は、

川越貨物線が川越線へ合流する
ポイントの手前の信号は赤になっているため、
この遠方信号機は黄色を表示しています。

つまり、我々が普段見る時は、
ほとんどの場合、黄色になっているのです。
黄色のままの信号は珍しいですね・・

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しました。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★