「あとは緩和」といわれたら

- 診察室からの独り言,その他いろいろ −


テーマ:

先日,ブログに提示した
http://ameblo.jp/gin-nami/entry-12144183384.html

自家がんワクチン療法で完全緩解した
腎盂がん・多発肺転移症例の

原発巣のプレパラートを

がん研病理部の知人医師に見てもらった.





病理組織学的に移行上皮がん.


強拡大(x40)の視野に細胞分裂像(矢印)が
写真(右)のように散見される場合,

腫瘍の増殖速度は相当のものと推察される.


そして細胞異型,
つまり,がん細胞の“顔つき”もすこぶる悪い.

『病理の立場からは,これは治らないがんですね・・』

とは知人医師のコメント.

『免疫療法だけで “こんな” がんが
 治ることがあるんですね・・・驚きです』

とも.


一般に免疫療法は,増殖がゆっくりとしたがんに
効果が出やすいといわれてはいる.

しかし,本症例のように,
決してゆっくりとはいえないようながんにも

効くときには効く・・・


ミステリアスなキャンサーワールド.


まだまだ,わからないことだらけだなぁ・・・